C言語で「ねこ」おみくじを作ってみた

C言語自作サンプルメニューへ
これからプログラミングをはじめる方へ
基本情報技術者試験トップへ
息抜きに(=^・^=)写真で癒し

おはこんばんにちは!うにゃうにゃエンジニアの猫です(=^・^=)
今日は、ねこみくじなるものを作りました。
おみくじの猫版です。

・ホワッツマイケル
・ナメネコ
・うちのタマ知りませんか
・ねこあつめ
・にゃんこ大戦争

といった猫にまつわる作品をランダムに表示させます。
といった、猫好きさんの猫ツボを刺激する以外は、
何の役にも立たない乱数プログラムを作りました。

配列 nekoretsuの各要素、要素番号の先頭を[0]として、
[0]ホワッツマイケル
[1]ナメネコ
[2]うちのタマ知りませんか
[3]ねこあつめ
[4]にゃんこ大戦争

という配列を用意します。
その要素番号をランダムな数にすると、猫のおみくじが出来上がります。
乱数を発生させてその乱数を配列の添え字にして、配列の中身の文字列を取り出します。

配列の要素数は5なので、ランダムな数の5で割った余りは、余り0~4になりますので、
各要素番号が乱数になる仕組みです。

では、何が出るかな…。

1回目は
「ナメネコ」

2回目は
「ねこあつめ」

これは猫好きな方にしか分からないかもしれませんが、猫の作品の名前をみるだけで、
うにゃ~~~~~つ(=^・^=)ってなるんです。

コードはこちらになります。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <time.h>


int main(void){

srand((unsigned int)time(NULL)); //現在の時刻で乱数の初期化

char *nekoretsu[5]={“ホワッツマイケル”,”うちのタマ知りませんか”,”ナメネコ”,”ねこあつめ”,”にゃんこ大戦争”};

int num=rand()%5;
printf(“%s”,nekoretsu[num]);

}

ではでは、ご精読ありがとうございました、にゃん!

C言語自作サンプルメニューへ
これからプログラミングをはじめる方へ
基本情報技術者試験トップへ
息抜きに(=^・^=)写真で癒し