episode3 GASの「範囲を指定してまとめて入力(二次元配列は団地だ!)」(Hunter×Hunterで覚えるGoogle App Script)

GAS(Google App Script)をアニメ、ハンターハンターを通して入門の入門から学べる記事を掲載することになりました。
ふつつか者ですが、よろしくお願いします。

←GAS自作サンプルへ戻る

前回(episode2)の復習をします。

・セルA1に「ハンターハンター」と入力する関数と消去する関数を作り、それぞれをボタンに登録する。

ここから、いよいよキャラクターの名前を登録していきます。

登録するデータは、

「「ゴン」、「強化系」」、
「キルア」、「変化系」」、
「クラピカ」、「具現化系」、
「レオリオ」、「放出系」」

です。

スプレッドシートは行列の二次元配列なので二次元配列を使って入力します。
二次元配列とか配列って難しそうですが、イメージは「団地(マンションでも)」です。

1階・・・ゴンのデータ(101号室に「ゴンの名前」 102号室に「ゴンの念系統」)
2階・・・キルアのデータ(201号室に「キルアの名前」 202号室に「キルアの念系統」)

というふうに「団地」と捉えると、操作しやすくなるのかも知れません。

以上を踏まえてスクリプトを書いていきます。

消去ボタンで消せる範囲を今回はシート全部にしました。

[Ctrl]+[R]で実行すると

このように表示され、シートでは入力されています。

「入力」「消去」ボタンも機能しています。

←episode2               episode4→

←GAS自作サンプルへ戻る

episode2 GASの「文字入力と消去をボタン操作で行う」(Hunter×Hunterで覚えるGoogle App Script)

GAS(Google App Script)をアニメ、ハンターハンターを通して入門の入門から学べる記事を掲載することになりました。
ふつつか者ですが、よろしくお願いします。

←GAS自作サンプルへ戻る

前回(episode1)の復習をします。

・セルA1に「ハンターハンター」と入力する

・セルA1の内容を実行ログに出力

・セルA1の内容を消去する

以上を関数に分けます。

いきなり「関数」なんて出てくると難しそうですが、

入力と表示」を「ヤマダさんのお家」、
文字の消去」を「サトウさんのお家」、両家(両方)で使う、スプレッドシートから現在のシートを選択する共通の処理を「ゴミ捨て場」というイメージを持って読み進めて下さい。

ゴミ捨て場→「共通:現在のシートを指定する」・・・グローバル関数(共通領域)
ヤマダ家→「入出力:セルA1に「ハンターハンター」と入力して実行ログに表示する」・・・mySet関数
サトウ家→「消去:セルA1に入力された内容を消去する」・・・myClear関数

ヤマダさんは、ヤマダさんの家と共通のゴミ捨て場は使えるけれど、サトウさんの家のものは使えない、
サトウの立場ではその逆が言える、これが関数のイメージです。

このようにスクリプトを作成しました。

スプレッドシートに「入力」と「消去」というボタンを2つ作って、そのボタンを右クリックし、右上角の「てんてん」をクリックして、スクリプトを割り当てます。

ボタンの複製方法はこちらのサイトが分かりやすかったです。
ポイントは、「新たに図形描画画面を開く」です。

「入力」を実行します。

←episode1               episode3→

←GAS自作サンプルへ戻る

episode1 GASの「セル操作で入力と消去」(ハンター×ハンターで覚えるGoogle App Script)

GAS(Google App Script)をアニメ、ハンターハンターを通して入門の入門から学べる記事を掲載することになりました。
ふつつか者ですが、よろしくお願いします。

←GAS自作サンプルへ戻る

GASは環境設定不要ですぐ始められますが、

・Googleアカウント
・「マイドライブ」から「新規」でスプレッドシートを追加

・スプレッドシートの「ツール」→スクリプトエディタ

この3点の準備は必要です。

準備が整ったところで。

まず最初に、スプレッドシートのセルA1に「ハンターハンター」と入力するスクリプトを書いてみます。(「こんにちは」でも、好きな言葉でも、何かお好きな文字を入れてみましょう。)

getRange(‘セル番地’)でセルを指定して、setValue(‘入力する値’)で指定したセルに値を入力します。

こんな感じに書けました。
さて、
[Ctrl]+[S]で保存します。

Macの方は、「Command」と読み替えて下さい。

[Ctrl]+[R]で実行しようとすると・・・。

「承認が必要です」とメッセージが出るので、

「権限を確認」で、自分のアカウントを選ぶと、

なぬ!!

大丈夫。

「詳細」をクリックして。

「安全ではないページ」に移動して。

パソコンが爆発とか無いので、大丈夫です(=^x^=)

「許可」を押します。

実行ログ

で完了されたことが分かり、

で、入力されていました。

次に、セルA1に入力された「ハンターハンター」の文字を、実行ログに出力してみます。

//ここを追加してセルA1の内容を表示する
console.log(sheet.getRange(‘A1’).getValue());

を追加します。

最後に、これを消します。

setValue(‘入力する値’)のところを、clear()と書き換えます。

実行すると・・・

無事に消えていました。

←GAS自作サンプルへ戻る     episode2→

GASで「ねこあつめ」を「Chatwork」に送る(=^x^=)mm

この記事では、GAS(Google APP Script)で「ねこあつめ」をChatworkに送信します。
お世話になった記事は、

【初心者向けGAS】Google Apps Scriptで別の関数を呼び出すfunctionの書き方
です。

←GAS自作サンプルへ戻る

↑「サビガー(左)」と「ヘキサにゃん(右)」

プログラムの流れについては、

「ねこあつめのメッセージを取得するプログラム(メイン)」から、「Chatworkに送信する関数」に「送れ、と指示出しする」

という流れになります。

「ねこあつめ」のメッセージを「body」という変数に格納し、Chatworkに送信する関数「sendMessage」に「body」を送り込むイメージです。

メインから「sendMessage(body)」として呼び出して「これを送ってくれ」というメッセージを送り込みます。

関数のイメージはなかなか掴みいにくいので、以下のように置き換えてみました。

例えば私がアマゾンで、DVD(上記のbodyをDVDに置き換えると、トレース(追跡)しやすくなるかもっ!)を買ったとします。

プログラム実行開始・・・私がアマゾンに「DVDをくれ!」とポチる

メイン関数が呼ばれる・・・アマゾンが注文を受ける

チャットワークに送信する関数が呼ばれる・・・アマゾンから宅配業者へとDVDが渡る

チャットワークに「ねこあつめ」が出力される・・・DVDが私の手元に届く

ざっくりですが、これがプログラムをトレースして行った時の流れです。

以上を踏まえてプログラムを下記のように修正しました。

コメントを参考に、頭の中でトレースしてイメージを掴みました。

では、「ねこあつめ」の名前をChatworkに送ってみます。

スプレッドシートの右端の列は何も入っていません。

実行すると、Chatworkにメッセージ「ヘキサにゃん」が送られました。

<4>

スプレッドシートは「ヘキサにゃん」のところに、処理済みの「TRUE」が入っています。

他の猫ちゃんたちもChatworkに送ってみます。

無事に送れました。

これでは、「Chatwork」ではなく、「Catwork」ですね(=^x^=)mm

←GAS自作サンプルへ戻る

ねこあつめフォームに「チェックボックス」を追加する

この記事では、GAS(Google APP Script)でねこあつめフォームに「チェックボックス」を追加します。

お世話になっているサイトは、

GASでGoogleフォームにチェックボックス形式の質問を追加する方法

です。

←GAS自作サンプルへ戻る

前回のラジオボタンで作った選択肢は、「みけ」か「とら」かだけでしたが、上の画像の「ねこまたさん」など、「みけ」でも「とら」でもないコもいるので、「その他」のチェックボックスも作ってみます。

こちらのコードを追加します。

実行して、自分のGmailに送ってフォームを開いてチェックボックスが追加されたことを確認しました。

←GAS自作サンプルへ戻る

ねこあつめフォームに「ラジオボタン」を追加する

この記事では、GAS(Google APP Script)でねこあつめフォームに「ラジオボタン」を追加します。

お世話になっているサイトは、

GASでGoogleフォームにラジオボタンの質問を追加する方法

です。

←GAS自作サンプルへ戻る

ラジオボタンの設定には、タイトルと選択項目が必要です。
コードを見た所、選択項目は配列(リスト)を思い出しました。

ラジオボタンでは、「みけ」か「とら」の2択が出来るようにします。

実行して自分のGmailに送信したフォームを確認した所、「ラジオボタン」が追加されていました。

←GAS自作サンプルへ戻る

ねこあつめフォームに「メールアドレス」を追加する

この記事では、GAS(Google APP Script)でフォームにメールアドレスを追加します。

お世話になっているサイトは、

GASでGoogleフォームにメールアドレスの入力欄とバリデーションを追加する方法

です。

←GAS自作サンプルへ戻る

Mailアドレスの入力項目を追加するには、「それがメールであるか」を検証する必要が出てくるのが、「おなまえ」や「あそんだグッズ」とは違うようです。

また、上の記事を読むには、下記の用語を知っておく必要もあります。

私は、聞いたことがある程度しか理解していないので、ITパスポート基本情報技術者試験でお世話になった「「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典」から調べてみます。

オブジェクト

メソッド

バリデーション

ビルド

では、フォームにメールアドレスの入力欄を追加するコードを書きます。
下記2行を追加して、動作を確認します。

<1>

実行をして、Googleドライブでフォームを開き、このまま「送信ボタン」を押します。

「フォームを送信」のボックスが出たら、Gmailの自分のメアドなど送っても大丈夫なアドレスを入れ、赤枠の「フォームをメールに含める」をチェックしてから送信します。

Gmailを開くと、このようなフォームが届いていました。

「あどれす」に@を含めないと、このように表示され、動作の検証が出来ました。
架空のアドレス「neko22@cat.jp」から@を取ってみました。

←GAS自作サンプルへ戻る

GASで作成したフォームに「ねこあつめ」の「おなまえ」と「あそんだグッズ」を追加する

この記事では、GAS(Google APP Script)でフォームに「ねこあつめ」の猫ちゃんの名前と遊んだグッズを追加します。

お世話になっているサイトは、

GASでGoogleフォームに記述式の質問を追加する方法

です。

←GAS自作サンプルへ戻る

赤い四角で囲ってある箇所をフォームに追加します。

「おなまえ」は入力必須、「グッズ」は任意にします。

「add」は色々なプログラミング言語で「追加」の意味で使われていたのを学びました。

前回のコードに最後2行を追加しました。

実行しました。


「おなまえ」のところ、「*」付いていますね。
フォームが作成されたので、入力して送信します。

メールアドレスを追加して、送信ボタンを押します。

<4>

自分のGmailアドレスで確認できました。

←GAS自作サンプルへ戻る

GASで作成したフォームを指定のフォルダに格納する

この記事では、GAS(Google APP Script)でフォームを作成と同時に、指定のフォルダに格納する方法を学びます。お世話になった記事は

GASで作成したGoogleフォームを指定のフォルダに移動する方法

です。

←GAS自作サンプルへ戻る

フォームを作成すると、自動的に指定のフォルダに格納できる処理を下記の手順で行います。

1.Googleフォルダ内に格納するフォルダを用意

2.フォルダIDを調べる

3.フォルダIDをキーと紐付けるコード書いて実行する

4.フォーム作成のコードを実行する

では、順に見ていきます。

1.Googleフォルダ内に格納するフォルダを用意
新規作成または、勉強に使えそうなフォルダを用意します。
「ねこねこフォーム作成練習」と言うフォルダを作りました。

2.フォルダIDを調べる
フォルダのアドレスで、モザイクかかっているところがIDです。
このIDを次の工程でキーと紐付けます

3.フォルダIDをキーと紐付けるコード書いて実行する
フォーム作成の前に行います。
GASで新たにファイルを作成して、紐づけるスクリプトのコードを書きます。
モザイクのところにフォルダIDを貼り付けて実行します。

4.フォーム作成のコードを実行する
以上の準備が整ったところで下記のコードを実行します。

実行結果です。

無事に格納されているので、これで安心して勉強を進められます。

←GAS自作サンプルへ戻る

GASで「ねこあつめ親睦会」のフォームを作ってみる

この記事では、GAS(Google APP Script)でフォームを作ってみます。
お世話になった記事は

GASでGoogleフォームを作成する最も簡単なスクリプト

です。

←GAS自作サンプルへ戻る

そもそもGoogleでフォームが作れるってこと、今日今さっき知ったのですが、大丈夫でしょうか・・・。
不安もありつつ上の記事を見ながら作ってみます。

スプレッドシートの「ツール」から「スクリプト エディタ」を選んで、「ねこあつめのフォームだにゃ(=^x^=)mm」というフォームを作っていきます。

とてもシンプルなコードです。

[Command]+[S]で保存して、[Command]+[R]で実行してみます。

実行後、Googleドライブに切り替えてみます。

これをクリックして、

お〜〜〜!!
出来てた!!

では次に、フォームに説明文を加えます。

コードです。

実行結果です。

うん。良い感じ♪♪♪♪

では、スプレッドシートに入力した内容を元に、フォームを作成していきます。
このように作成し、シート名は「イベント概要」です。

セルA1を[0][0]とすると、タイトル「ねこあつめ親睦会」は[0][1]、「集まれ!!・・・以降」は[1][1]になります。

コードです。

実行結果です。

ほのぼのって感じ(=^x^=)

←GAS自作サンプルへ戻る