WindowsからMacへパソコン買い換え

メインメニューに戻る
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

※Macを使っていて目が疲れる、とお悩みの方は、こちらの記事をご覧下さい。
私はnight shiftモードを設定しました。
macOSのダークモード設定やブルーライトカット機能で目に優しい生活

アプリ開発の第一歩としてWindowsからMacへパソコンを買い換えることに致しました。
購入場所はアキバヨドバシ。
Mac売り場で、初めてのMacに興奮して、はしゃいじゃってしまいました(⌒-⌒; )
後々役立ったのが、店員さんが教えて下さった、USB変換アダプタです。
Mac純正の物をヨドバシのポイントを使って購入しました。

その他、パソコンの買い換えで役立った物を紹介します。

●はじめてのマック2020
この2020の部分は、下記リンクから最新のものに飛べると思います。
Macの設定からMac初心者がつまづく所を分かりやすくポイントを絞って書かれているので、
Mac購入を決めた1から2ヶ月前ぐらいにこの本を購入して準備して置いたので、スムーズに行きました。
ランチパッドの3本指とか、すげーすげーってなっていました。

●カスペルスキー
基本情報技術者試験で、ガッツリとセキュリティを勉強したので、このセキュリティソフトにしました。
高機能なのにシンプルで使いやすいです。

●Office365
ビジネスでは必須。あと、Excelは特に、Pythonで使うかも。

その他、写真をやっている者として、Apple Storeから無料で入手出来て「神アプリ」だと思うのは、
「Photo Pad写真編集ソフト」です。
操作が直感的に分かりやすく、Macの写真アプリやファインダーの書類に保存した写真の編集に使えます。

●Mac備忘録

ここから先は、Macを使って発見したことを備忘録として記録します。

・Google Chromeでタブを複数開いた時に左右のタブに移動する
  Windowsで言う、Ctrl +Tab に当たるのが、Macではoption+command+→
  Shift+Ctrl+Tabに当たるのが、option+command+←です。

・Google Chromeで前のページに戻る
  Windowsで言うAlt+←に当たるのがMacで言うとcommand+←です。

・複数画面を開いた時にデスクトップなどに切り替え
  トラックパッド三本指で下から上に 

メインメニューに戻る
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

Python奇数で推しにキッス!!

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

おはこんばんちは(=^・^=)

うにゃうにゃエンジニアの猫です!!

皆さま、好きな芸能人とか地下アイドルとか、推しの方いらっしゃいますか?

芸能人といってパッと出て来るのがジャニーズなので、ジャニーズの人気を調べました。

参考:ジャニーズイケメン人気ランキング全50人!2021最新版【画像あり】

堂々1位は平野紫耀(ひらの しょう)さんです。

このブログをご覧の方も平野さんのファンの方多いのでしょうか?

平野さんの推しの方は、これからプログラミングのコードに出て来る「推し」を平野さんだと思って読み進めて行って下さい。

具体例(アルゴリズム=処理手順のこと。を理解するのに必須)としてKing & Princeの平野紫耀さんでアルゴリズムを解いていこうと思います。

まず、プログラムの概要を説明します。

1から10までの乱数を用意して、その乱数が奇数だったら推しとキスをする夢を見る

もしも偶数だったら推しが他のファンとキスをするという悲しい夢を見るとします。

奇数か偶数かの判定は、2で割って余りが1だったら奇数、そうでないなら偶数とします。

多くの言語で余りは剰余演算子「%」を使って求められます。

これから書いていくPythonでも「乱数%2==1」だったら奇数になります。

「==」とイコールが2つ続いているのは、1つだと代入を意味してしまうので、==と2つかくことで等しいという条件を指定しています。

ここではファイル名を「oddkiss」にします。

奇数は英語で「odd」です。ちなみに偶数はevenです。

この辺り、基本情報技術者試験を受ける方は覚えておいて損はないと思います。

乱数は、random.randint(始め,終わり)を使います。

コードはコチラになります。

#ランダムモジュールをインポートする
import random

#乱数numの範囲を1から10とする
num=random.randint(1,10)

#奇数、偶数の判定で分岐する
if num%2==1:
  kekka=”は奇数です。推しとキスする夢を見た”
else:
  kekka=”は偶数です。推しが他のファンとキスする夢を見た”

print(str(num)+kekka)

では何度か実行してみた結果です。

ちょっとプログラムを改良して見ます。

「推し」と言う所に自分の推しが表示されるとよりプログラムに感情移入しやすくなるので、一部改変します。

赤枠が改変した所です。

実行結果です。

ここでやっと、自分の推しの女優さんの名前で実行して見る心の準備が出来ました。

私が推しているのは、モデル・グラビア・女優(モグラ女子)として活躍している馬場ふみかさんです。

では、馬場さんの名前を入れて実行して見ます。

偶数の場合、実際に自分が推している方の名前を入れると、結構ズキズキしますね。

平野さんのファンの皆さま、例に出してしまってごめんなさい。

自分事として当てはめてみると推しが他のファンとキスしている所なんて想像したくないですね。

奇数、偶数の判定は今後の学習でも役立ちそうです。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)