Pythonの進捗状況(私のロードマップ)

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

2021年2月21日からPythonの学習を本格的に始めました。
それまでは幾つかの言語を自分探し的にやっていました。

この記事では私の学習の進捗状況を目指したい方向性、目標について書きます。
これからPythonを始める方とって、もしかしたら参考になる所も少しあるのかもしれません。

paizaラーニング さんという学習コンテンツで、Python入門講座は10レッスンが無料なんです!!
1レッスンに8個程度のチャプターがあります。

私は2021年5月5日(GW最終日)に体験版及び入門講座を終えました。

体験版と入門講座のLesson6までをまず行いました。
ここまでで変数、条件分岐、ループ、リスト(他の言語でいう配列)が学べます。

その後、Lesson7の関数に進む前にレベルアップメニューの問題集のリンクがあるので、そちらで条件分岐、配列、配列活用メニュー、二重ループメニューを終わらせ、最後にCランクレベルアップメニューをクリアしました。

レベルアップ問題集は、順番に解いていくと最後の問題が解けるようにテーマごとに構成されていて、まずは自力で解いて、それから正解した場合でも必ず模範解答を確認して、もっと良いやり方があったらそのやり方でも問題を解いてみました。

Cランクアップメニューをクリアした後、Lesson7の関数に進み、最後の動画レッスン(2021年5月5日現在)のLesson10までで関数に加えてクラス、例外処理を学びました。

動画レッスンには内包表記はありませんが、レベルアップ問題集の模範解答などを見て、内包表記が少し分かる程度の知識があれば、この本、「独習Python」を読めると思います。

出来れば基本情報技術者試験合格レベルの知識もあった方がより分かりやすいかも知れませんが、ITパスポートのみという方でも、論理演算とか知っていれば学習可能かも知れません。

今後は独習Pythonを中心に、paizaのレベルアップ問題集の復習をしながら、まだ解いていない問題集の線形探索メニューなどのアルゴリズムを解いて行きたいです。

その後はkivyやPythonとExcelの合わせ技についても学ぶ予定で本を揃えましたので、読みやすかったらこの記事などで紹介します。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

Swiftについて

これからプログラミングを始める方へ
プログラミング学習で関わってはいけない人と避けるべき環境
風呂グラミング(入浴剤紹介)
(保護者の方へ)こどもプログラミング

iPhoneでアプリの開発というと、まず思い浮かぶのがSwiftだと思います。
基本情報技術者試験の受験が終わった2021年1月前半からSwiftをやっていました。

ドットインストールさんでSwiftの3分動画講義があります。

SwiftはMacのX-Codeで動くので、Windowsでは使用できないんです。
では、macに買い換えるまで、Windowsでどうやって勉強をしていたのかと言うと、
paizaのエディタを使っています。

関連記事:Mac買い換え備忘録

Swiftは本も日本語の情報も沢山あり、アプリ開発で特別なにか理由のある人では無い限りは一番お勧めな言語です。

Swiftで開発を考えていた頃に3冊ほど本を買いましたがその中で最も内容が充実していてプログラミング全くの初めてでも小学生程度の算数が出来れば読み進められる本を1冊紹介します。

先ほど、何か特別な理由が無い限りSwiftがお勧めと書きましたが、私は例外的な例に当てはまってしまったので、別の方法でアプリ開発を目指すことにしました。

これからプログラミングを始める方へ
プログラミング学習で関わってはいけない人と避けるべき環境
風呂グラミング(入浴剤紹介)
(保護者の方へ)こどもプログラミング

Pythonクラスで「月曜日はウンジャラゲ♪」

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

Pythonの進捗状況(私のロードマップ)

今日は2021年5月3日の月曜日。
もうゴールデンウィークも後半です。
早いですね。
ほんと、1週間が早い!!

1週間といえば、子どもの頃から馴染みのある、志村けんさんが歌っていた、「月曜日はウンジャラゲ〜」でお馴染みの歌です。

「植木等 ハナ肇とクレイジー・キャッツの曲」だそうです。

実は、ハナ肇さんは大学の先輩なんです。

「ウンジャラゲ」を使って、Pythonのクラスを復習したいと思います。

クラス、苦手なんですよね。

復習に使った動画です。

では、プログラムを詳しく見ていきます。

print(“「さぁ、みんな揃って、ぶわぁぁぁっと参りましょうか!!」”)

これは、志村けんさんの冒頭のセリフです。

class Jarage:
def init(self,week,spell):
self.week=week
self.spell=spell

クラス、Jarage(ジャラゲ)を定義して、何曜日はナンジャラゲだか入れるインスタンス変数を用意します。

def song(self):
    print(self.week+"曜日は、"+self.spell)

この部分で、

mon=Jarage(“月”,”ウンジャラゲ”)

とすると、月曜日はウンジャラゲ、と入るようにします。
これを各曜日用意します。

everyday=[mon,tue,wed,thu,fri,sta,sun]

リストに入れて、ループで取り出します。

for day in everyday:
day.song()

クラスJarageの中のsongメソッドをループで呼び出して各曜日表示します。

実行結果です。

コードです。

わざわざクラスなんて「しちめんどくさい」ことしないで、そのままコピペの方が良くね?と思われるかもしれませんし、私もそんなこと考えなくもないですが。

いかんいかん、プログラミングを勉強する者としては!!

そこで、最後に「猫曜日はうんにゃにゃんにゃんにゃん(=^x^=)っm」を加えることにします。

これはリストに[cat]を追加して、「猫(猫曜日の猫)」、「うんにゃにゃんにゃんにゃん(=^x^=)っm」と引数を2つ指定したオブジェクトを作れば良いだけなので、簡単に改造できそうですね。

追加したコードです。

cat=Jarage(“猫”,”うんにゃにゃんにゃんにゃん(=^x^=)っm”)
everyday=[mon,tue,wed,thu,fri,sta,sun,cat]

追加の実行結果です。

はい、これで無事に「猫曜日」が追加されました!!

・・・いったい自分は何をしているんだろう…。という気にもなりましたが、昭和のギャグも令和でのプログラミングの勉強に繋がっていたってことで。

それでは今までのコードを貼り付けます。

print(“————————————-“)
print(“「さぁ、みんな揃って、ぶわぁぁぁっと参りましょうか!!」”)
print()


class Jarage:
def init(self,week,spell):
self.week=week
self.spell=spell

def song(self):
print(self.week+”曜日は、”+self.spell)

mon=Jarage(“月”,”ウンジャラゲ”)
tue=Jarage(“火”,”ハンジャラゲ”)
wed=Jarage(“水”,”スイスイスイ”)
thu=Jarage(“木”,”モーリモリ”)
fri=Jarage(“金”,”キンキラキン”)
sta=Jarage(“土”,”ギンギラギンのギンギラギンのギンギラギンのギン”)
sun=Jarage(“日”,”ランラ ランラ ラン♪”)
cat=Jarage(“猫”,”うんにゃにゃんにゃんにゃん(=^x^=)っm”)

everyday=[mon,tue,wed,thu,fri,sta,sun,cat]
for day in everyday:
day.song()

print(“————————————-“)
print()

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
あなたを愛しています(=^x^=)

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

Python クラスを使ってアロマオイルの値段を計算する

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

Pythonの進捗状況(私のロードマップ)

アロマが好きで家で使っています。
特に好きな香りは、ハッカ(ミントではなく、ニホンハッカ)とレモンです。

スッキリした香りが好きなんです。
おすすめは 北見ハッカ通商さんのハッカの商品 です。

◆関連記事◆
アロマでゴキブリを追い出せ
ハッカ愛から、ハッカー

そこで、Pythonのクラスを使って、アロマの値段を計算してみることに致しました。

class Aroma:

「Aroma」というクラスを作ります。先頭は大文字にします。

tax=1.1

クラス内で使えるクラス変数を設定します。
消費税の税率です。

def __init__(self,price,count):
    self.price=price
    self.count=count

アロマの値段と個数のインスタンス変数を宣言します。

def money(self):
    return int(self.price*self.count*Aroma.tax)

値段個数税率でアロマの値段を計算します。
整数にするので、intを使っています。

hakka=Aroma(1000,5)
remon=Aroma(1210,4)

おすすめのハッカ油とレモン精油です。
ハッカ5本、レモン4本とします。
ハッカは1本1000円、レモンは1210円で計算しました。

アロマなんかにそんなにお金使うのか!!!という声も聞こえてきそうですが、
何にお金を使うのかは人それぞれですよね。

print(“ハッカ油は合計【”+str(hakka.money())+”】円です。”)
print(“レモン精油は合計【”+str(remon.money())+”】円です。”)

最後に出力します。
文字列の中に整数型の金額を出力するので、strを使っています。

実行結果です。

コードです。

class Aroma:

tax=1.1

def init(self,price,count):
self.price=price
self.count=count

def money(self):
return int(self.priceself.countAroma.tax)

hakka=Aroma(1000,5)
remon=Aroma(1210,4)

print(“ハッカ油は合計【”+str(hakka.money())+”】円です。”)
print(“レモン精油は合計【”+str(remon.money())+”】円です。”)

ご精読ありがとうございました。
あなたを愛しています(=^x^=)

◆関連記事◆
アロマでゴキブリを追い出せ
ハッカ愛から、ハッカー

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)