注目

猫先生!?がプログラミングをガリ勉してみた。

2019年(令和元年)11月1日設立

ご訪問ありがとうございます!!このサイトの管理人の「猫★シエスタ」と申します。

・発達障害(自閉症スペクトラムASD アスペルガー症候群 、ADHD)
・ロスジェネ負け組(就職氷河期世代)
・LGBT(トランスジェンダーFTM)

と、自分に自信を持てなかった私が、プログラミングや読書などの学びを通して成功体験を積み重ねていく過程をブログに綴っています。

<<このブログ内の、オススメ記事3選!>>

何の本を読んだらよいのか分からない時に読む記事

これからプログラミングをはじめる方へ

基本情報技術者試験トップ

以下が、メインメニューになります

連絡先  自己紹介
 
(人事採用担当者様宛)障害者雇用、その前に

これからプログラミングをはじめる方へ

保護者の方へ。子ども(小学生向け)プログラミングの予習

プログラミング学習で関わってはいけない人達と逃げるべき環境

プログラミングと資格について  

■プログラミングと健康■
プログラマこそストレッチ(子ども&大人向け)

風呂グラミング(入浴剤紹介)

■アプリ作成■

Swiftについて

WindowsからMacにパソコン買い換え

Pythonでkivyというライブラリー使用してマルチタッチアプリを作る!!

■自作サンプルプログラム■
Python

C言語

アセンブラCASL2

Java

VBA

SQL

基本情報技術者試験トップへ

取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ!

急にプレゼン資料を作ることになったから手っ取り早くパワポ教えてくれ!!!!!

■ おススメ本! ■
発達障害と健康  心がラクになる本


何の本を読んだらよいのか分からない時に読む記事

ストレス解消グッズなど  写真で癒し

ハッカ愛からハッカー!?

アロマでゴキブリを追い出せ!!

Kivy Gallery Examples 「Lines Extended Demo」を作ってみた!

この記事では、「Python Kivyプログラミング Pythonで作るマルチタッチアプリ」という本を頼りに、章の終わりごとに本と対応するKivy公式サイト(英語で泣きそう)のサンプルプログラムに挑戦しています。

上の本の、5章を終えた所までで類題として作れるアプリです。

Kivy Gallery Examples 「Lines Extended Demo」

このアプリは、円、楕円、長方形、とベジエ曲線(多分一番分かりやすいと思うサイト)を描きます。

この記事の分からない英単語を調べながら読んで行きます。
ちなみに私の英語能力は英検4級(3級落ちた)です。

extended…拡張された
static…静的
padding…余白
spacing…間隔

「Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く」に戻る

コードです。

from kivy.app import App
from kivy.uix.gridlayout import GridLayout
from kivy.uix.widget import Widget
from kivy.lang import Builder

Builder.load_string(”’

<LineEllipse1>:#赤い楕円1
canvas:
Color:
rgba:1,.1,.1,.9
Line:
width:2.
ellipse:(self.x,self.y,self.width,self.height)
Label:
center:root.center
text:’Ellipse’

<LineEllipse2>:#赤い楕円2
canvas:
Color:
rgba:1,.1,.1,.9
Line:
width:2.
ellipse:(self.x,self.y,self.width,self.height,90,180)
Label:
center:root.center
text:’Ellipse from 90 to 180′
#fun result with low segments!

<LineEllipse3>:#赤い楕円3
canvas:
Color:
rgba:1,.1,.1,.9
Line:
width:2.
ellipse:(self.x,self.y,self.width,self.height,90,720,10)
Label:
center:root.center
text:’Ellipse from 90 to 720\n10 segments’
halign:’center’

<LineCircle1>:#緑の円1
canvas:
Color:
rgba:.1,1,.1,.9
Line:
width:2.
circle:
(self.center_x,self.center_y,min(self.width,self.height)/2)
Label:
center:root.center
text:’Circle’

<LineCircle2>:#緑の円2
canvas:
Color:
rgba:.1,1,.1,.9
Line:
width:2.
circle:
(self.center_x,self.center_y,min(self.width,self.height)/2,90,180)
Label:
center:root.center
text:’Circle from 90 to 180′

<LineCircle3>:#緑の円3
canvas:
Color:
rgba:.1,1,.1,.9
Line:
width:2.
circle:
(self.center_x,self.center_y,min(self.width,self.height)/2,90,180,10)
Label:
center:root.center
text:’Circle from 90 to 180\n10 segments’
helign:’center’

<LineCircle4>:#緑の円4
canvas:
Color:
rgba:.1,1,.1,.9
Line:
width:2.
circle:
(self.center_x,self.center_y,min(self.width,self.height)/2,0,360)
Label:
center:root.center
text:’Circle from 0 to 360′
halign:’center’

<LineRectangle>:#青い四角
canvas:
Color:
rgba:.1,.1,1,.9
Line:
width:2.
rectangle:(self.x,self.y,self.width,self.height)
Label:
center:root.center
text:’Rectangle’

<LineBezier>:#青いベジェ曲線
canvas:
Color:
rgba:.1,.1,1,.9
Line:
width:2.
bezier:
(self.x,self.y,self.center_x-40,self.y+100,
self.center_x+40,self.y-100,self.right,self.y)
Label:
center:root.center
text:’Bezier’
”’)


class LineEllipse1(Widget):
pass
class LineEllipse2(Widget):
pass
class LineEllipse3(Widget):
pass
class LineCircle1(Widget):
pass
class LineCircle2(Widget):
pass
class LineCircle3(Widget):
pass
class LineCircle4(Widget):
pass
class LineRectangle(Widget):
pass
class LineBezier(Widget):
pass

class LineExtendedApp(App):
def build(self):
root=GridLayout(cols=2,padding=50,spacing=50)
root.add_widget(LineEllipse1())
root.add_widget(LineEllipse2())
root.add_widget(LineEllipse3())
root.add_widget(LineCircle1())
root.add_widget(LineCircle2())
root.add_widget(LineCircle3())
root.add_widget(LineCircle4())
root.add_widget(LineRectangle())
root.add_widget(LineBezier())
return root


if name == ‘main’:
LineExtendedApp().run()

実行結果です。

ここから少し遊びます(=^x^=)

長方形とベジェ曲線が見づらいので、色を黄色に変えます。

<LineRectangle>:#黄色い四角
canvas:
Color:
rgba:1,1,.1,.9
Line:
width:2.
rectangle:(self.x,self.y,self.width,self.height)
Label:
center:root.center
text:’Rectangle’
<LineBezier>:#黄色いベジェ曲線
canvas:
Color:
rgba:1,1,.1,.9
Line:
width:2.
bezier:
(self.x,self.y,self.center_x-40,self.y+100,
self.center_x+40,self.y-100,self.right,self.y)
Label:
center:root.center
text:’Bezier’

このようになりました。

では、楕円2の孤の表示される角度を変えて、色をマゼンタ(ピンク)に変え、太さを5にします。

<LineEllipse2>:#ピンクの楕円2
canvas:
Color:
rgba:1,.1,1,.9
Line:
width:5.
ellipse:(self.x,self.y,self.width,self.height,180,270)
Label:
center:root.center
text:’Ellipse from 180 to 270′

<3>

次に、多角形の角数を10角から20角に変えます。

<LineEllipse3>:#赤い楕円3
canvas:
Color:
rgba:1,.1,.1,.9
Line:
width:2.
ellipse:(self.x,self.y,self.width,self.height,90,720,20)
Label:
center:root.center
text:’Ellipse from 90 to 720\n20 segments’
halign:’center’

<4>

最後に円4を0度から360度のところを270度に変えます。

<LineCircle4>:#緑の円4
canvas:
Color:
rgba:.1,1,.1,.9
Line:
width:2.
circle:
(self.center_x,self.center_y,min(self.width,self.height)/2,0,270)
Label:
center:root.center
text:’Circle from 0 to 270′
halign:’center’

このように遊べました(=^x^=)

「Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く」に戻る

<<関連記事>>

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について

Kivy Gallery Examples 「Bezier Example」を作ってみた!

この記事では、「Python Kivyプログラミング Pythonで作るマルチタッチアプリ」という本を頼りに、章の終わりごとに本と対応するKivy公式サイト(英語で泣きそう)のサンプルプログラムに挑戦しています。

上の本の、5章を終えた所までで類題として作れるアプリです。

Kivy Gallery Examples 「Bezier Example」

このアプリは、多角形とベジェ曲線(多分一番分かりやすいと思うサイト)を2つのスライダーを使って描きます。
紫の多角形と、赤いベジエ曲線です。

この記事の分からない英単語を調べながら読んで行きます。
ちなみに私の英語能力は英検4級(3級落ちた)です。

bezier…ベジェ曲線
computed…計算された
polygon…多角形
recompute…再計算

「Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く」に戻る

from kivy.app import App
from kivy.uix.floatlayout import FloatLayout
from kivy.uix.slider import Slider
from kivy.graphics import Color,Bezier,Line


class BezierTest(FloatLayout):
def init (self,points=[],loop=False,args,kwargs): super(BezierTest,self).init(args,kwargs)
self.d=10 #pixel tolerance(支える) when clicking on a point
self.points=points
self.loop=loop
self.current_point=None #index of point being dragged

with self.canvas:
Color(1.0,0.0,0.0)
self.bezier=Bezier(points=self.points,
segments=150,
loop=self.loop,
dash_length=100,
dash_offset=10)
Color(1.0,0.0,1.0)
self.line=Line(points=self.points+self.points[:2],
dash_offset=10,
dash_length=100)

s=Slider(y=0,pos_hint={‘x’:.3},size_hint=(.7,None),height=50)
s.bind(value=self._set_bezier_dash_offset)
self.add_widget(s)

s=Slider(y=50,pos_hint={‘x’:.3},size_hint=(.7,None),height=50)
s.bind(value=self._set_line_dash_offset)
self.add_widget(s)

def _set_bezier_dash_offset(self,instance,value):
#effect to raduce(減らす) length while increase offset
self.bezier.dash_length=100-value
self.bezier.dash_offset=value

def _set_line_dash_offset(self,instance,value):
#effect to reduce length while increase offset
self.line.dash_length=100-value
self.line.dash_offset=value

def on_touch_down(self,touch):
if self.collide_point(touch.pos[0],touch.pos[1]):
for i,p in enumerate(list(zip(self.points[::2],
self.points[1::2]))):

if(abs(touch.pos[0]-self.pos[0]-p[0])<self.d and \
abs(touch.pos[1]-self.pos[1]-p[1])<self.d):
self.current_point=i+1
return True
return super(BezierTest,self).on_touch_down(touch)

def on_touch_up(self,touch):
if self.collide_point(touch.pos[0],touch.pos[1]):
if self.current_point:
self.current_point=None
return True

return super(BezierTest,self).on_touch_up(touch)
def on_touch_move(self,touch):
if self.collide_point(touch.pos[0],touch.pos[1]):
c=self.current_point

if c:
self.points[(c-1)2]=touch.pos[0]-self.pos[0] self.points[(c-1)2+1]=touch.pos[1]-self.pos[1]
self.bezier.points=self.points
self.line.points=self.points+self.points[:2]
return True
return super(BezierTest,self).on_touch_move(touch)

class Main(App):
def build(self):
from math import cos,sin,radians
x=y=150
z=100
#Pacman!
points=[x,y]
for i in range(45,360,45):
i=radians(i)
points.extend([x+cos(i)z,y+sin(i)z])
return BezierTest(points=points,loop=True)

if name == ‘main’:
Main().run()

実行結果です。

「Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く」に戻る

<<関連記事>>

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について

Kivy Gallery Examples 「Canvas stress」を作ってみた!

この記事では、「Python Kivyプログラミング Pythonで作るマルチタッチアプリ」という本を頼りに、章の終わりごとに本と対応するKivy公式サイト(英語で泣きそう)のサンプルプログラムに挑戦しています。

上の本の、5章を終えた所までで類題として作れるアプリです。

Kivy公式Gallery of Examples 「Canvas stress」

このアプリは、画面下のボタンを押すと、その分だけ小さいカラフルな四角を、画面に散りばめることが出来ます。

”’Canvas stress
この例は、指定のボタンを押すと小さい四角が追加されます。
ボタンは黒いスクリーンの下にあります。
”’

「Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く」に戻る


from kivy.uix.button import Button
from kivy.uix.widget import Widget
from kivy.uix.label import Label
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout
from kivy.app import App
from kivy.graphics import Color,Rectangle
from random import random as r
from functools import partial


class StressCanvasApp(App):
def add_rects(self,label,wid,count,largs): label.text=str(int(label.text)+count)

with wid.canvas:

#ここで、大きさを変えることができる
for x in range(count): Color(r(),1,1,mode=’hsv’)
Rectangle(pos=(r()wid.width+wid.x,
r()wid.height+wid.y),size=(20,20))


def double_rects(self,label,wid,largs):
count=int(label.text)
self.add_rects(label,wid,count,largs)


def reset_rects(self,label,wid,largs):
label.text=’0′
wid.canvas.clear()

def build(self):
wid=Widget()

label=Label(text=’0′)
btn_add100=Button(text=’+ 100 rects’,
on_press=partial(self.add_rects,label,wid,100))

btn_add500=Button(text=’+ 500 rects’,
on_press=partial(self.add_rects,label,wid,500))

btn_double=Button(text=’x 2′,
on_press=partial(self.double_rects,label,wid))

btn_reset=Button(text=’Reset’,
on_press=partial(self.reset_rects,label,wid))

layout=BoxLayout(size_hint=(1,None),height=50)
layout.add_widget(btn_add100)
layout.add_widget(btn_add500)
layout.add_widget(btn_double)
layout.add_widget(btn_reset)
layout.add_widget(label)
root=BoxLayout(orientation=’vertical’)
root.add_widget(wid)
root.add_widget(layout)
return root

if name == ‘main’:
StressCanvasApp().run()

このような四角が表示されました。

ここからちょっと遊んでみます(=^x^=)
上のコードの「大きさを変えられる」のところで、size=(20,20)を100にしてみます。

このように遊べました。

「Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く」に戻る

<<関連記事>>

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について

Kivy tutorial 006: Let’s draw something(お絵かき);を作ってみた!

この記事では、「Python Kivyプログラミング Pythonで作るマルチタッチアプリ」という本を頼りに、章の終わりごとに本と対応するKivy公式サイト(英語で泣きそう)のサンプルプログラムに挑戦しています。

上の本の、5章を終えた所までで類題として作れるアプリです。

公式サイト
Kivy tutorial 006: Let’s draw something

「Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く」に戻る

前回 の記事の最後のコードに追記したコードを掲載します。
追記したところはコメントがついています。

from kivy.app import App
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout
from kivy.uix.slider import Slider
from kivy.uix.widget import Widget
from kivy.graphics import Rectangle,Color


class DrawingWidget(Widget):
def init(self):
super(DrawingWidget,self).init()
with self.canvas:
Color(1,1,1,1)#赤、緑、青、透明度
self.rect=Rectangle(size=(self.size),
pos=self.pos)

#前回のコードから追記 
Color(1,0,0,1)
Rectangle(size=(300,100),
pos=(300,200))
self.bind(pos=self.update_rectangle,
size=self.update_rectangle)

def update_rectangle(self,instance,value):
self.rect.pos=self.pos
self.rect.size=self.size

class DrawingApp(App):
def build(self):
root_widget=DrawingWidget()
return root_widget
DrawingApp().run()

実行します。

このコードを修正・追記して、ランダムな色で落書きが出来るようにします。

from kivy.app import App
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout
from kivy.uix.slider import Slider
from kivy.uix.widget import Widget
from kivy.graphics import Rectangle,Color,Line
from random import random


class DrawingWidget(Widget):
def init(self):
super(DrawingWidget,self).init()
with self.canvas:
Color(1,1,1,1)#赤、緑、青、透明度
self.rect=Rectangle(size=self.size,
pos=self.pos)

#修正
self.rect_colour=Color(1,0,0,1)
Rectangle(size=(300,100),
pos=(300,200))
self.bind(pos=self.update_rectangle,
size=self.update_rectangle)
def update_rectangle(self,instance,value):
self.rect.pos=self.pos
self.rect.size=self.size
def on_touch_down(self,touch):

super(DrawingWidget,self).on_touch_down(touch)
with self.canvas:
Color(random(),random(),random())
self.line=Line(points=[touch.pos[0],touch.pos[1]],width=2)

def on_touch_move(self,touch):
self.line.points=self.line.points+[touch.pos[0],touch.pos[1]]

class DrawingApp(App):
def build(self):
root_widget=DrawingWidget()
return root_widget

DrawingApp().run()

今日の日付を書きました。

「Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く」に戻る

<<関連記事>>

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について

Kivy tutorial 005: A drawing app(長方形描画);を作ってみた!

この記事では、「Python Kivyプログラミング Pythonで作るマルチタッチアプリ」という本を頼りに、章の終わりごとに本と対応するKivy公式サイト(英語で泣きそう)のサンプルプログラムに挑戦しています。

上の本の、5章を終えた所までで類題として作れるアプリです。

Kivy tutorial 005: A drawing app

「Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く」に戻る

赤い四角のすぐ上のプログラムを、エディタ Visual Studio Codeに書いていってターミナルで実行します。

from kivy.app import App
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout
from kivy.uix.slider import Slider
from kivy.uix.widget import Widget
from kivy.graphics import Rectangle,Color


class DrawingWidget(Widget):
def init(self):
super(DrawingWidget,self).init()

with self.canvas:
Color(1,0,0,1)#赤、緑、青、透明度
Rectangle(size=(300,100),
pos=(300,200))
class DrawingApp(App):

def build(self):
root_widget=DrawingWidget()
return root_widget
DrawingApp().run()

このような赤い四角が表示されました。
ここから少し遊びたいと思います。

色をシアン(青と緑)に変えて、位置を動かします。

with self.canvas:
Color(0,1,1,1)#赤、緑、青、透明度
Rectangle(size=(300,100),
pos=(300,600))

このように書き換えました。

更に、下記のコードを追加します。

with self.canvas:
Color(1,1,0,1)#赤、緑、青、透明度
Rectangle(size=(300,100),
pos=(0,700))


with self.canvas:
Color(1,0,1,0.7)#赤、緑、青、透明度
Rectangle(size=(300,100),
pos=(0,500))

with self.canvas:
Color(0,1,1,0.6)#赤、緑、青、透明度
Rectangle(size=(300,100),
pos=(300,600))

with self.canvas:
Color(1,1,0,1)#赤、緑、青、透明度
Rectangle(size=(300,100),
pos=(600,700))

with self.canvas:
Color(1,0,1,0.7)#赤、緑、青、透明度
Rectangle(size=(300,100),
pos=(600,500))

with self.canvas:
Color(0,1,1,0.6)#赤、緑、青、透明度
Rectangle(size=(300,100),
pos=(900,600))
with self.canvas:
Color(1,1,0,1)#赤、緑、青、透明度
Rectangle(size=(300,100),
pos=(1200,700))
with self.canvas:
Color(1,0,1,0.7)#赤、緑、青、透明度
Rectangle(size=(300,100),
pos=(1200,500))

簡易的な市松模様です。シアンとマゼンタの透明度も変更しています。

では、最終的なコードにして実行します。

from kivy.app import App
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout
from kivy.uix.slider import Slider
from kivy.uix.widget import Widget
from kivy.graphics import Rectangle,Color

class DrawingWidget(Widget):
def init(self):
super(DrawingWidget,self).init()

with self.canvas:
Color(1,1,1,1)#赤、緑、青、透明度
self.rect=Rectangle(size=(self.size),
pos=self.pos)

self.bind(pos=self.update_rectangle,
size=self.update_rectangle)

def update_rectangle(self,instance,value):
self.rect.pos=self.pos
self.rect.size=self.size

class DrawingApp(App):
def build(self):
root_widget=DrawingWidget()
return root_widget

DrawingApp().run()

真っ白いキャンバスが現れました。

「Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く」に戻る

<<関連記事>>

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について

Kivy公式サイトのKivy Crash Course 7 – Let’s fix some bugs;を作ってみた!

この記事では、「Python Kivyプログラミング Pythonで作るマルチタッチアプリ」という本を頼りに、章の終わりごとに対応する公式サイト(英語で泣きそう)のサンプルプログラムに挑戦しています。
また、動画の場合、何分何秒のコードとYouTubeを途中で止めて、コードと実行結果を掲載しています。

上の本の、5章を終えた所までで類題として作れるアプリです。

Video(YouTube)

<<関連記事>>

Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について

この動画では、前回PythonとKV言語で作ったプログラムを改変していきます。

Kivy公式サイトのKivy Crash Course 7 – Drawing on the canvasで作った所までです。

前回のコード

「main.py」

from kivy.app import App
from kivy.uix.scatter import Scatter
from kivy.uix.label import Label
from kivy.uix.floatlayout import FloatLayout
from kivy.uix.textinput import TextInput
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout
from kivy.properties import ListProperty,ObjectProperty
from kivy.graphics.vertex_instructions import (Rectangle,
Ellipse,
Line)
from kivy.graphics.context_instructions import Color
import random


class ScatterTextWidget(BoxLayout):
text_colour=ListProperty([1,0,0,1])
def init(self,kwargs):

super(ScatterTextWidget,self).init(kwargs)
def change_label_colour(self,args):

colour=[random.random()
for i in range(3)]+[1]
self.text_colour=colour
class TutorialApp(App):
def build(self):
return ScatterTextWidget()
def some_function(args):
print(‘text changed’)
if name == “main”:
TutorialApp().run()

「tutorial.kv」

<ScatterTextWidget>:
orientation:’vertical’
canvas:
Color:
rgba:0,0,1,1
Rectangle:
pos:self.pos
size:self.size
TextInput:
id:my_textinput
font_size:150
size_hint_y:None
height:200
on_height:do_someting()
text:’default’
on_text:root.change_label_colour()
FloatLayout:
Scatter:
Label:
id:my_label
text:my_textinput.text
font_size:150
color:root.text_colour
BoxLayout:
orientation:’horizontal’
size_hint_y:None
height:150
Label:
id:label1
text:my_textinput.text[:3][::-1]
font_size:100
color:root.text_colour
Label:
id:label2
text:my_textinput.text[-3:][::-1]
font_size:100
color:root.text_colour

これを今回用に改変していきます。

エディタ Visual Studio Codeに書いていってターミナルで実行します。

前回の「crash7」というフォルダの内容「main.py」と「tutorial.kv」を、今回の「crash8」というフォルダに保存して動作を確認しました。

では、今回の動画(全部英語で泣きそう)をみながら食らいついてコードを書きました。

ここから図形描画のコードを追記していきます。

半透明の緑の長方形を文字の上に被せます。
2分04秒

「main.py」
同上

「tutorial.kv」

<ScatterTextWidget>:
orientation:’vertical’
TextInput:
id:my_textinput
font_size:150
size_hint_y:None
height:200
on_height:do_someting()
text:’default’
on_text:root.change_label_colour()
FloatLayout:
Scatter:
Label:
id:my_label
text:my_textinput.text
font_size:150
color:root.text_colour
canvas:
Color:
rgba:0,1,0,0.5
Rectangle:
pos:self.pos
size:self.size
BoxLayout:
orientation:’horizontal’
size_hint_y:None
height:150
Label:
id:label1
text:my_textinput.text[:3][::-1]
font_size:100
color:root.text_colour
Label:
id:label2
text:my_textinput.text[-3:][::-1]
font_size:100
color:root.text_colour

動画の3分19秒あたりまでの内容です。

「main.py」
同上

「tutorial.kv」

<ScatterTextWidget>:
orientation:’vertical’
TextInput:
id:my_textinput
font_size:150
size_hint_y:None
height:200
on_height:do_someting()
text:’default’
on_text:root.change_label_colour()
FloatLayout:
Scatter:
Label:
id:my_label
text:my_textinput.text
font_size:150
color:root.text_colour
size:self.texture_size
canvas:
Color:
rgba:0,1,0,0.5
Rectangle:
pos:self.pos
size:self.size
BoxLayout:
orientation:’horizontal’
size_hint_y:None
height:150
Label:
id:label1
text:my_textinput.text[:3][::-1]
font_size:100
color:root.text_colour
Label:
id:label2
text:my_textinput.text[-3:][::-1]
font_size:100
color:root.text_colour

長方形のラベルが、文字の長さに自動的に調整しています。

5分9秒ぐらいでは、赤い大きい長方形のラベルを追加して、動かせます。

「main.py」

同上

「tutorial.kv」

<ScatterTextWidget>:
orientation:’vertical’
TextInput:
id:my_textinput
font_size:150
size_hint_y:None
height:200
on_height:do_someting()
text:’default’
on_text:root.change_label_colour()
FloatLayout:
Scatter:
canvas.after:
Color:
rgba:1,0,0,0.5
Rectangle:
size:self.size
pos:self.pos
Label:
id:my_label
text:my_textinput.text
font_size:150
color:root.text_colour
size:self.texture_size
canvas:
Color:
rgba:0,1,0,0.5
Rectangle:
pos:self.pos
size:self.size
BoxLayout:
orientation:’horizontal’
size_hint_y:None
height:150
Label:
id:label1
text:my_textinput.text[:3][::-1]
font_size:100
color:root.text_colour
Label:
id:label2
text:my_textinput.text[-3:][::-1]
font_size:100
color:root.text_colour

6分33秒ぐらいでは、赤と緑の二重ラベルになります。

「main.py」

同上

「tutorial.kv」

<ScatterTextWidget>:
orientation:’vertical’
TextInput:
id:my_textinput
font_size:150
size_hint_y:None
height:200
on_height:do_someting()
text:’default’
on_text:root.change_label_colour()
FloatLayout:
Scatter:
size_hint:None,None
size:my_label.size
canvas.after:
Color:
rgba:1,0,0,0.5
Rectangle:
size:self.size
pos:self.pos
Label:
id:my_label
text:my_textinput.text
font_size:150
color:root.text_colour
size:self.texture_size
canvas:
Color:
rgba:0,1,0,0.5
Rectangle:
pos:self.pos
size:self.size
BoxLayout:
orientation:’horizontal’
size_hint_y:None
height:150
Label:
id:label1
text:my_textinput.text[:3][::-1]
font_size:100
color:root.text_colour
Label:
id:label2
text:my_textinput.text[-3:][::-1]
font_size:100
color:root.text_colour

8分18秒ぐらいでは、中央に配置されます。

「main.py」

同上

「tutorial.kv」

<ScatterTextWidget>:
orientation:’vertical’
TextInput:
id:my_textinput
font_size:150
size_hint_y:None
height:200
on_height:do_someting()
text:’default’
on_text:root.change_label_colour()
FloatLayout:
Scatter:
center:self.parent.center
size_hint:None,None
size:my_label.size
canvas.after:
Color:
rgba:1,0,0,0.5
Rectangle:
size:self.size
pos:self.pos
Label:
id:my_label
text:my_textinput.text
font_size:150
color:root.text_colour
size:self.texture_size
canvas:
Color:
rgba:0,1,0,0.5
Rectangle:
pos:self.pos
size:self.size
BoxLayout:
orientation:’horizontal’
size_hint_y:None
height:150
Label:
id:label1
text:my_textinput.text[:3][::-1]
font_size:100
color:root.text_colour
Label:
id:label2
text:my_textinput.text[-3:][::-1]
font_size:100
color:root.text_colour

Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について

Kivy公式サイトのKivy Crash Course 7 – Drawing on the canvasを作ってみた!

この記事では、「Python Kivyプログラミング Pythonで作るマルチタッチアプリ」という本を頼りに、章の終わりごとに対応する公式サイト(英語で泣きそう)のサンプルプログラムに挑戦しています。
また、動画の場合、何分何秒のコードとYouTubeを途中で止めて、コードと実行結果を掲載しています。

上の本の、5章を終えた所までで類題として作れるアプリです。

Video(YouTube)

<<<関連記事>>

Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について

この動画では、前回PythonとKV言語で作ったプログラムを改変していきます。

Kivy公式サイトのKivy Crash Course 6 – Kivy propertiesで作った所までです。

前回のコード

「main.py」

from kivy.app import App
from kivy.uix.scatter import Scatter
from kivy.uix.label import Label
from kivy.uix.floatlayout import FloatLayout
from kivy.uix.textinput import TextInput
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout
from kivy.properties import ListProperty
import random

class ScatterTextWidget(BoxLayout):
    text_colour=ListProperty([1,0,0,1])

    def change_label_colour(self,args):
    colour=[random.random()
    for i in range(3)]+[1] self.text_colour=colour class    
     TutorialApp(App):

def build(self):
    return ScatterTextWidget()

def some_function(args):
print(‘text changed’)
if name == “main”:
TutorialApp().run()

「tutorial.kv」

<ScatterTextWidget>:
    orientation:’vertical’
    TextInput:
        id:my_textinput
        font_size:150
        size_hint_y:None
        height:200
        on_height:do_someting()
        text:’dafault’
        on_text:root.change_label_colour()
    FloatLayout:
        Scatter:
            Label:
                id:my_label
                text:my_textinput.text
                font_size:150
               color:root.text_colour
    BoxLayout:
        orientation:’horizontal’
        size_hint_y:None
        height:150
        Label:
            id:label1
            text:my_textinput.text[:3][::-1]
            font_size:100
            color:root.text_colour
        Label:
            id:label2
            text:my_textinput.text[-3:][::-1]
            font_size:100
            color:root.text_colour

これを今回用に改変していきます。

エディタ Visual Studio Codeに書いていってターミナルで実行します。

前回の「crash6」というフォルダの内容「main.py」と「tutorial.kv」を、今回の「crash7」というフォルダに保存して動作を確認しました。

では、今回の動画(全部英語で泣きそう)をみながら食らいついてコードを書きました。

ここから図形描画のコードを追記していきます。

動画の3分25秒あたりまでの内容です。

「main.py」

from kivy.app import App
from kivy.uix.scatter import Scatter
from kivy.uix.label import Label
from kivy.uix.floatlayout import FloatLayout
from kivy.uix.textinput import TextInput
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout
from kivy.properties import ListProperty,ObjectProperty
from kivy.graphics.vertex_instructions import (Rectangle,
Ellipse,
Line)
from kivy.graphics.context_instructions import Color
import random


class ScatterTextWidget(BoxLayout):
    text_colour=ListProperty([1,0,0,1])
    def init(self,kwargs):

       super(ScatterTextWidget,self).init(kwargs)
        #図形の指定 長方形、楕円、線
        with self.canvas:
            Color(0,1,0,1)
            Rectangle(pos=(0,100),size=(300,100))
            Ellipse(pos=(0,400),size=(300,100))
            Line(points=[0,0,500,600,400,300],
            close=True,
            width=3)
        def change_label_colour(self,args):

            colour=[random.random()
          for i in range(3)]+[1]
          self.text_colour=colour
class TutorialApp(App):
    def build(self): return

ScatterTextWidget()
def some_function(args):
    print(‘text changed’)

if name == “main”:
TutorialApp().run()

「tutorial.kv」

<ScatterTextWidget>:
    orientation:’vertical’
    TextInput:
        id:my_textinput
        font_size:150
        size_hint_y:None
        height:200   
        on_height:do_someting()
        text:’default’
        on_text:root.change_label_colour()
    FloatLayout:
        Scatter:
            Label:
                id:my_label
                text:my_textinput.text
                font_size:150
                color:root.text_colour
    BoxLayout:
        orientation:’horizontal’
        size_hint_y:None
        height:150
        Label:
            id:label1
            text:my_textinput.text[:3][::-1]
            font_size:100
            color:root.text_colour
        Label:
            id:label2
            text:my_textinput.text[-3:][::-1]
            font_size:100
            color:root.text_colour

4分5秒ぐらいでは、
「main.py」ファイルで、

with self.canvas.before:

とすると、図形が文字の下に、

with self.canvas.after:

とすると、図形が文字の上になります。

次に、図形をkvファイルで書きます。

6分50秒ぐらいでは、

「main.py」

from kivy.app import App
from kivy.uix.scatter import Scatter
from kivy.uix.label import Label
from kivy.uix.floatlayout import FloatLayout
from kivy.uix.textinput import TextInput
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout
from kivy.properties import ListProperty,ObjectProperty
from kivy.graphics.vertex_instructions import (Rectangle,
Ellipse,
Line)
from kivy.graphics.context_instructions import Color
import random


class ScatterTextWidget(BoxLayout):
    text_colour=ListProperty([1,0,0,1])
    def init(self,kwargs):

    super(ScatterTextWidget,self).init(kwargs)
    def change_label_colour(self,args): colour=

    [random.random()
    for i in range(3)]+[1]
        self.text_colour=colour
class TutorialApp(App):
    def build(self):
        return ScatterTextWidget()
def some_function(args):
    print(‘text changed’)
if name == “main”:
TutorialApp().run()

「tutorial.kv」

<ScatterTextWidget>:
    orientation:’vertical’
    #ここをcanvas.beforeにすると、キャンバスが文字の下、
    #afterにすると、キャンバスが文字の上にくる
    canvas:
        Color:
            rgba:0,0,1,1
        Rectangle:
            pos:self.pos
            size:self.size
    TextInput:
        id:my_textinput
        font_size:150
        size_hint_y:None
        height:200
        on_height:do_someting()
        text:’default’
        on_text:root.change_label_colour()
    FloatLayout:
        Scatter:
            Label:
                id:my_label
                text:my_textinput.text
                font_size:150
                color:root.text_colour
    BoxLayout:
        orientation:’horizontal’
        size_hint_y:None
        height:150
        Label:
            id:label1
            text:my_textinput.text[:3][::-1]
            font_size:100
            color:root.text_colour
        Label:
            id:label2
            text:my_textinput.text[-3:][::-1]
            font_size:100
            color:root.text_colour

<<<関連記事>>

Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について

PowerPointでアニメーションと画面切り替えを作る

この記事では、アニメーションを効率的に作るショートカットキーと、画面の切り替えで動きに彩を咥える方法を掲載しています。

動きのあるパワーポイントの基本的なことは抑えております。

急にプレゼンすることになったから手っ取り早くパワポ教えてくれ!に戻る
メインメニューに戻る
MOS、ITパスポート、簿記2級、基本情報技術者試験の参考書紹介へ

まずは、こちらの動画をご覧ください。
PowerPointで作成した者です。

あるアニメーションを別の図形などにも利用する場合

図形を選択して任意のアニメーションを選択します。
その後、[Alt]+[Shift]+[C]でアニメーションをコピーして、[Alt]+[Shift]+[V]で別の図形に同じアニメーションを適用できます。

Macですと、[option]+[Shift]+[Command]+[C]と、一つ押すキーが多くなります。

スマートアートのアニメーション

また、スマートアートのアニメーションの設定は、そのスマートアートを洗濯して、「効果のオプション」から、下記メニューで個別に選択できます。

画面切り替え

こちらで画面切り替えに動きをつけることができます。

もしも、上のYouTube動画で私の写真に興味を持たれた方がいらしたら、
息抜きに、写真で癒し(=^x^=)をご覧ください。

ご精読ありがとうございました。

急にプレゼンすることになったから手っ取り早くパワポ教えてくれ!に戻る
メインメニューに戻る
MOS、ITパスポート、簿記2級、基本情報技術者試験の参考書紹介へ

Kivy公式サイトのKivy Crash Course 6 – Kivy propertiesを作ってみた!

<<<関連記事>>

Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について

Pythonでマルチタッチアプリを作るために、こちらの本で学んでいます。

Kivyの公式サイトは英語ばかりで泣きそうでしたが、この本を読んで行ったら公式サイトのサンプルアプリも作れるようになりました。

上の本の、4章を終えた所までで類題として作れるアプリです。

Video(YouTube)

この動画では、前回PythonとKV言語で作ったプログラムを、

Kivy公式サイトのKivy Crash Course 5 – Kivy languageで作った所までです。

前回のコード

「main.py」

from kivy.app import App
from kivy.uix.scatter import Scatter
from kivy.uix.label import Label
from kivy.uix.floatlayout import FloatLayout
from kivy.uix.textinput import TextInput
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout
import random


class ScatterTextWidget(BoxLayout):
    def change_label_colour(self,args):

        colour=[random.random()
        for i in range(3)]+[1]
        label=self.ids[‘my_label’]
        label.color=colour
class TutorialApp(App):
    def build(self):
        return ScatterTextWidget()
    def some_function(args):
        print(‘text changed’)

if name == “main”:
TutorialApp().run()

「tutorial.kv」

<ScatterTextWidget>:
    orientation:’vertical’
    TextInput:
        id:my_textinput
        font_size:150
        size_hint_y:None
        height:200
        text:’dafault’
        on_text:root.change_label_colour()

    FloatLayout:
        Scatter:
            Label:
                id:my_label
                text:my_textinput.text
                font_size:150

これを今回用に改変していきます。

エディタ Visual Studio Codeに書いていってターミナルで実行します。

前回の「crash5」というフォルダの内容「main.py」と「tutorial.kv」を、今回の「crash6」というフォルダに保存して動作を確認しました。

では、今回の動画(全部英語で泣きそう)をみながら食らいついてコードを書きました。

動画の3分5秒あたりまでの内容です。

文字を入力したり消したりすると、色が変わるのは前回と同じで、今回は文字の分身が現れます。

文字列が「default」だと分かりにくいので、「abcdefg」とした場合のスクショを掲載します。

「main.py」

from kivy.app import App
from kivy.uix.scatter import Scatter
from kivy.uix.label import Label
from kivy.uix.floatlayout import FloatLayout
from kivy.uix.textinput import TextInput
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout
import random


class ScatterTextWidget(BoxLayout):
    def change_label_colour(self,args):

        colour=[random.random()
        for i in range(3)]+[1]
        label=self.ids[‘my_label’]
        label.color=colour

class TutorialApp(App):
    def build(self):
        return ScatterTextWidget()

def some_function(args):
print(‘text changed’)
if name == “main”:
TutorialApp().run()

「tutorial.kv」

<ScatterTextWidget>:
    orientation:’vertical’
    TextInput:
        id:my_textinput
        font_size:150
        size_hint_y:None
        height:200
        on_height:do_someting()
        text:’dafault’
        on_text:root.change_label_colour()
    FloatLayout:
        Scatter:
            Label:
                id:my_label
                text:my_textinput.text
                font_size:150
    BoxLayout:
        orientation:’horizontal’
        size_hint_y:None
        height:150
        Label:
            text:my_textinput.text[:3][::-1]
            font_size:100
        Label:
            text:my_textinput.text[-3:][::-1]
            font_size:100

スライサーの所のコードを見ながら確認します。

左側の文字はabcdefgの最初から3文字分の「abc」が「cba」になっています。

右側の文字はabcdefgの後ろから3文字分の「efg」が「gfe」になっています。

次に、4分5秒の所のコードです。

このコードでは、色が分身ラベルの左右両方に反映されています。

「main.py」

from kivy.app import App
from kivy.uix.scatter import Scatter
from kivy.uix.label import Label
from kivy.uix.floatlayout import FloatLayout
from kivy.uix.textinput import TextInput
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout
import random


class ScatterTextWidget(BoxLayout):
    def change_label_colour(self,args):

        colour=[random.random()
        for i in range(3)]+[1]
        label=self.ids[‘my_label’]
        label.color=colour
        label1=self.ids.label1
        label2=self.ids.label2
        label1.color=colour
        label2.color=colour

class TutorialApp(App):
    def build(self):
        return ScatterTextWidget()
def some_function(args):
    print(‘text changed’)

if name == “main”:
TutorialApp().run()

「tutorial.kv」

<ScatterTextWidget>:
    orientation:’vertical’

    TextInput:
        id:my_textinput
        font_size:150
        size_hint_y:None
        height:200
        on_height:do_someting()
        text:’dafault’
        on_text:root.change_label_colour()
    FloatLayout:
        Scatter:
            Label:
                id:my_label
                text:my_textinput.text
                font_size:150
    BoxLayout:
        orientation:’horizontal’
        size_hint_y:None
        height:150
        Label:
            id:label1
            text:my_textinput.text[:3][::-1]
            font_size:100
        Label:
            id:label2
            text:my_textinput.text[-3:][::-1]
            font_size:100


最後に、8分35秒の所のコードです。

Python側をシンプルにして、プロパティを使っています。

「main.py」

from kivy.app import App
from kivy.uix.scatter import Scatter
from kivy.uix.label import Label
from kivy.uix.floatlayout import FloatLayout
from kivy.uix.textinput import TextInput
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout
from kivy.properties import ListProperty
import random


class ScatterTextWidget(BoxLayout):
    text_colour=ListProperty([1,0,0,1])
    def change_label_colour(self,args):

        colour=[random.random()
        for i in range(3)]+[1]
        self.text_colour=colour
class TutorialApp(App):
    def build(self):
    return ScatterTextWidget()

def some_function(args):
print(‘text changed’)

if name == “main”:
TutorialApp().run()

「tutorial.kv」

<ScatterTextWidget>:
    orientation:’vertical’

    TextInput:
        id:my_textinput
        font_size:150
        size_hint_y:None
        height:200
        on_height:do_someting()
        text:’dafault’
        on_text:root.change_label_colour()

    FloatLayout:
        Scatter:
            Label:
                id:my_label
                text:my_textinput.text
                font_size:150
                color:root.text_colour
    BoxLayout:
        orientation:’horizontal’
        size_hint_y:None
        height:150
        Label:
            id:label1
            text:my_textinput.text[:3][::-1]
            font_size:100
            color:root.text_colour
        Label:
            id:label2
            text:my_textinput.text[-3:][::-1]
            font_size:100
            color:root.text_colour

Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について

Kivy公式サイトのKivy Crash Course 5 – Mixing python and kivy languageを作ってみた!

Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について

Pythonでマルチタッチアプリを作るために、こちらの本で学んでいます。

Kivyの公式サイトは英語ばかりで泣きそうでしたが、この本を読んで行ったら公式サイトのサンプルアプリも作れるようになりました。

上の本の、4章を終えた所までで類題として作れるアプリです。

Video(YouTube)

この動画では、前回PythonとKV言語で作ったプログラムを、文字の色をランダムに改変していきます。

前回の内容 Kivy公式サイトのKivy Crash Course 4 – Kivy language

前回のコードです。
これを今回用に改変していきます。

エディタ Visual Studio Codeに書いていってターミナルで実行します。

前回の「crash4」というフォルダの内容「main.py」と「tutorial.kv」を、今回の「crash5」というフォルダに保存して確認しました。

そのコードです。

「main.py」

from kivy.app import App
from kivy.uix.scatter import Scatter
from kivy.uix.label import Label
from kivy.uix.floatlayout import FloatLayout
from kivy.uix.textinput import TextInput
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout


class ScatterTextWidget(BoxLayout):
    pass

class TutorialApp(App):
    def build(self):
        return ScatterTextWidget()

def some_function(*args):
    print(‘text changed’)

if name == “main”:
    TutorialApp().run()

「tutorial.kv」

<ScatterTextWidget>:
    orientation:’vertical’
    TextInput:
        id:my_textinput
        font_size:150
        size_hint_y:None
        height:200
        text:’dafault’
    FloatLayout:
        Scatter:
            Label:
                text:my_textinput.text
                font_size:150

無事動かせました。

では、動画(全部英語で泣きそう)をみながら食らいついてコードを書きました。

「main.py」

from kivy.app import App
from kivy.uix.scatter import Scatter
from kivy.uix.label import Label
from kivy.uix.floatlayout import FloatLayout
from kivy.uix.textinput import TextInput
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout


import random

class ScatterTextWidget(BoxLayout):
    def change_label_colour(self,args):

        colour=[random.random() for i in range(3)]+[1]
         label=self.ids[‘my_label’]
        label.color=colour class TutorialApp(App):
def build(self):
return ScatterTextWidget()

def some_function(args):
print(‘text changed’)

if name == “main”:
    TutorialApp().run()

「tutorial.kv」

<ScatterTextWidget>:
    orientation:’vertical’
    TextInput:
        id:my_textinput
        font_size:150
        size_hint_y:None
        height:200
        text:’dafault’
        on_text:root.change_label_colour()
    FloatLayout:
        Scatter:
            Label:
                id:my_label
                text:my_textinput.text
                font_size:150

では、動作を見てみます。

文字を入力したり消したりすると、色が変わります。

Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について