episode1 GASの「セル操作で入力と消去」(ハンター×ハンターで覚えるGoogle App Script)

GAS(Google App Script)をアニメ、ハンターハンターを通して入門の入門から学べる記事を掲載することになりました。
ふつつか者ですが、よろしくお願いします。

←GAS自作サンプルへ戻る

GASは環境設定不要ですぐ始められますが、

・Googleアカウント
・「マイドライブ」から「新規」でスプレッドシートを追加

・スプレッドシートの「ツール」→スクリプトエディタ

この3点の準備は必要です。

準備が整ったところで。

まず最初に、スプレッドシートのセルA1に「ハンターハンター」と入力するスクリプトを書いてみます。(「こんにちは」でも、好きな言葉でも、何かお好きな文字を入れてみましょう。)

getRange(‘セル番地’)でセルを指定して、setValue(‘入力する値’)で指定したセルに値を入力します。

こんな感じに書けました。
さて、
[Ctrl]+[S]で保存します。

Macの方は、「Command」と読み替えて下さい。

[Ctrl]+[R]で実行しようとすると・・・。

「承認が必要です」とメッセージが出るので、

「権限を確認」で、自分のアカウントを選ぶと、

なぬ!!

大丈夫。

「詳細」をクリックして。

「安全ではないページ」に移動して。

パソコンが爆発とか無いので、大丈夫です(=^x^=)

「許可」を押します。

実行ログ

で完了されたことが分かり、

で、入力されていました。

次に、セルA1に入力された「ハンターハンター」の文字を、実行ログに出力してみます。

//ここを追加してセルA1の内容を表示する
console.log(sheet.getRange(‘A1’).getValue());

を追加します。

最後に、これを消します。

setValue(‘入力する値’)のところを、clear()と書き換えます。

実行すると・・・

無事に消えていました。

←GAS自作サンプルへ戻る     episode2→