GAS で「Chatworks」を使ってみる。

この記事では、実際にGAS(Google APP Script)でChatworkを使ってみます。
コードを書いてGASを実行して、Chatoworでメッセージを表示させるようにします。
お世話になった記事は

【初心者向けGAS】面倒なことはライブラリに任せよう!その概要と追加の方法

【初心者向けGAS】Chatworkのマイチャットにメッセージを送る最も簡単な例

です。

←GAS自作サンプルへ戻る

Chatworksに登録して、GASでコードを書いてメッセージを送ってみました。

コードはこちらです。

シングルクォーテーション”の中のモザイクのところに、APIトークンを入力します。

実行してみます。

お〜〜〜〜!!!

送れています(感動)

調子に乗って送ってみました。

←GAS自作サンプルへ戻る

GAS Web APIその前に(API、HTTP通信、リクエストメソッド、Web API、UrlFetchサービス)

この記事では、GAS(Google APP Script)でChatworkを使うための前提知識を学習します。
お世話になった記事は 【初心者向けGAS】Google Apps ScriptでWeb APIを活用するための基礎知識 です。

←GAS自作サンプルへ戻る

GoogleのサービスではないChatworkを使うのに必要となるAPI。
ITパスポート基本情報技術者試験の時にお世話になったサイト、
「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典
のリンクを掲載します。

API

HTTP通信

(HTTP)リクエストメソッド

Web API

←GAS自作サンプルへ戻る

GAS「ねこあつめ」の右端の列をクリアする

この記事では、GAS(Google APP Script)でデータがある範囲を求めます。
お世話になった記事は 【初心者向けGAS】スプレッドシートのセル範囲をクリアするいくつかの方法 です。

←GAS自作サンプルへ戻る

このスプレッドシートには、「ねこあつめ」の「おともだち」の情報が載っています。
右端の列は、一番下の「とらきち」のところだけ「TRUE」が空欄になっています。

この状態で、実行して、全ての「TRUE」を消去します。

コードはこちらになります。

実行すると「とらきち」が出力され、

スプレッドシートのセルがクリアされました。

←GAS自作サンプルへ戻る