episode3 GASの「範囲を指定してまとめて入力(二次元配列は団地だ!)」(Hunter×Hunterで覚えるGoogle App Script)

GAS(Google App Script)をアニメ、ハンターハンターを通して入門の入門から学べる記事を掲載することになりました。
ふつつか者ですが、よろしくお願いします。

←GAS自作サンプルへ戻る

前回(episode2)の復習をします。

・セルA1に「ハンターハンター」と入力する関数と消去する関数を作り、それぞれをボタンに登録する。

ここから、いよいよキャラクターの名前を登録していきます。

登録するデータは、

「「ゴン」、「強化系」」、
「キルア」、「変化系」」、
「クラピカ」、「具現化系」、
「レオリオ」、「放出系」」

です。

スプレッドシートは行列の二次元配列なので二次元配列を使って入力します。
二次元配列とか配列って難しそうですが、イメージは「団地(マンションでも)」です。

1階・・・ゴンのデータ(101号室に「ゴンの名前」 102号室に「ゴンの念系統」)
2階・・・キルアのデータ(201号室に「キルアの名前」 202号室に「キルアの念系統」)

というふうに「団地」と捉えると、操作しやすくなるのかも知れません。

以上を踏まえてスクリプトを書いていきます。

消去ボタンで消せる範囲を今回はシート全部にしました。

[Ctrl]+[R]で実行すると

このように表示され、シートでは入力されています。

「入力」「消去」ボタンも機能しています。

←episode2               episode4→

←GAS自作サンプルへ戻る