GAS「ねこあつめ」IF文で条件に該当するねこ名を出力する

この記事では、GAS(Google APP Script)でForループを使ってセルの値を取得する方法の学びを掲載しています。
お世話になった記事は【初心者向けGAS】条件分岐をするif文の使い方の超基本 です。

←GAS自作サンプルへ戻る

このスプレッドシートには、「ねこあつめ」の「おともだち」の情報が載っています。

一番右側の列に「TRUE」と入っている猫ちゃんは飛ばして、それ以外のコの名前を出力します。
つまり、この例では、「ヘキサにゃん」と「とらきち」が出力されます。

Forループの中にIF文を書いていきます。

こんな感じです。

For

「IF」

「」をブロッック( { } )に見立ててイメージすると分かりやすいかもしれません。

一番右の列が空白だったら、ということは、「セルの中身に何も入っていない」、つまり、言い換えると、
「中身に文字が入っているの否定」です。

この否定(NOT)は、先頭に「!」をつけて書きます。

懐かしのベン図です。

赤く塗っているところが「東京都民」です。

NOTを使うために「!」を使うと、東京都民では「ない」人が赤くなります。

これを踏まえてIFのコードをループの中に加えます。

実行結果です。

これで、「ヘキサにゃん」と「とらきち」が出力されました(=^x^=)

←GAS自作サンプルへ戻る

GAS「ねこあつめ」Forループを使って猫たちの名前を取り出す

この記事では、GAS(Google APP Script)でForループを使ってセルの値を取得する方法の学びを掲載しています。
お世話になった記事は【初心者向けGAS】for文を使ったスプレッドシートの繰り返しの超基本 です。

GAS自作サンプルへ戻る

スプレッドシートの「ねこあつめ」のおともだちです。

一番左にあるA列の最初の行はタイトルですが、その下は、

「2行目 ヘキサにゃん」
「3行目 みっけ」
「4行目 サビガー」
「5行目 とらきち」

となっています。
この2行目から5行目までの猫たちの名前をForループを使って取り出します。

最終行5行目は、ねこ仲間を追加しても使えるように、最終行を、

lastRow=sheet.getLastRow();

と書いて取得しています。

ループは

「初期値 ; どこまでおっきくするか ; 増分」

「初期値 ; どこまでちっちゃくするか ; 減り分」

などと書くので、この場合は、
「2;最後の行;1」
となり、
「2から始める:最後の行まで:1行ずつ増える」
と読み替えられれます。

この時行を、「2行目」、「3行目」、「4行目」、「5行目」と1行ずつ増やしていくのに使う変数に、慣習的に「i」や「j」などの変数を使います。

Aやbでもよくね、って思われる方もいらっしゃると思いますが、これは他の言語でも同じようにiとかjとか使うので、これらがきたら、「ループなんだな」って押さえておくと宜しいかと思います。

では、コードを書いていきます。

実行します。

無事に、猫たちの名前が取り出せました(=^x^=)

GAS自作サンプルへ戻る

GAS「ねこあつめ」でセルを選択して出力する

この記事では、GAS(Google APP Script)でセルの値を取得する方法の学びを掲載しています。
お世話になった記事は【初心者向けGAS】スプレッドシートのセル・セル範囲とその値を取得する方法 です。

GAS自作サンプルへ戻る

簡易的ですが、「ねこあつめ」のキャラクター紹介シートを作りました。


このシートのA3のセル(みっけ)を出力してみます。

実行します。

このようになりました。

では、次に複数のセルを含む範囲で作ってみます。
この表のセルA1からC3まで取得してみます。

実行します。

最初のセルのみが読み込まれました。

選択した範囲全てを読み込むようにしてみます。
4行目を「getValues」にしてみます。

コードはgetValueの後に「s」を加えるだけです。

実行すると・・・。

このように出力されました。

よく見ると、[[‘A1′,’B1′,’C1’],[‘A2′,’B2′,’C2’],[‘A3′,’B3′,’C3’]]と、
二次元配列になっています。

C言語やJavaで[]を配列、Pythonではリストと呼び、それが入子になると二次元配列や多次元配列になります。

GAS自作サンプルへ戻る