episode4 GASの「ヒソカチェックで、IFとループを一気に学ぶ」(Hunter×Hunterで覚えるGoogle App Script)

GAS(Google App Script)をアニメ、ハンターハンターを通して入門の入門から学べる記事を掲載することになりました。
ふつつか者ですが、よろしくお願いします。

←GAS自作サンプルへ戻る

前回(episode3)の復習をします。

・セルA1からB4にキャラクター名を入力する関数と消去する関数を作り、それぞれをボタンに登録しました。

今回はIF文を使って、ゴンからレオリオのキャラの念がヒソカと同じ変化系かどうか調べます。

ゴンは「強化系」なので「変化系」とは異なる為、条件が当てはまらないelseへと分岐します。

念が入力されているセルA2は(1,2)と洗わせます。

Elseでは、「XXX」と表記されます。

次に、「キルア」を調べます。

キルアは「変化系」なので、「ヒソカ」と同じという条件が当てはまり「ヒソカと一緒」と表示されます。

次に、「クラピカ」を調べます。

クラピカは「具現化系」なので、「変化系」とは異なる為、条件が当てはまらないelseへと分岐します。

最後に、「レオリオ」を調べます。

レオリオは「放出系」なので、「変化系」とは異なる為、条件が当てはまらないelseへと分岐します。

コードをいちいち変えるの面倒なので、Forによるループを使います。

実は、これまでで、ループのトレースができちゃっていました。

追加としては、

ゴン・・・i=1
キルア・・・i=2
クラピカ・・・i=3
レオリオ・・・i=4

と、変数が出てくるぐらいです。

なぜ「i」なのか、それは、ループで慣習的に使う変数として、「i、j、k」がよく使われるからです。このことについては、「なぜ、新人潰しのトンパさんは、トンパさんという名前なのか」と突き詰めてしまうことのようなものなので、ループではiとか使うんだな、程度で大丈夫です。

また、メンバーは4人なので、その人数を調べるために、「LastRow」(最後の行)を調べます。

以上を踏まえてコードを書くと、こうなります。

コードのまとめと結果です。

←episode3               episode5→

←GAS自作サンプルへ戻る