アセンブラ 番町皿屋敷で納涼ループ

この記事ではアセンブラ言語で、単純なループとインクリメントをして、番長皿屋敷のお皿の枚数を数える例題を学べます。
「1ま〜い」、「2ま〜い」・・・と数えていくのは、プログラミングの基礎トレーニングになると思います。

■ 関連記事 ■

基本情報技術者試験トップへ
アセンブラ自作サンプルへ
アセンブラ過去問プログラムへ
令和2年度(令和3年1月)合格報告

2020年からの基本情報技術者試験は、言語とアルゴリズムの配点が高くなりました。
なので、プログラミング未経験の事務員の私は、非常に焦っていましたが、無事合格できました。
学習中のアウトプットを少し編集してお届けしております。

暑い中、コロナ第二波対策の為に、
通勤時などはマスクをしています。
なので、口元蒸れ蒸れ、頭ゆでだこ状態で
とにかく暑いです。

そこで、エアコンの設定温度を変えないでも
涼しくなり、尚且つプログラミングの勉強に
なりそうなことを考えました。

エコでしょ?
ワガハイはネコです(=^・^=)

怪談話を題材に、プログラミングをしてみようと思いつきました。
個人的には「番町皿屋敷」は、プログラミングを勉強になると思います。

1ま~~~い、
2ま~~~い、

そう、ループとインクリメントです!
COMET2のアセンブラ、CASL2を使って、
基本情報技術者試験対策も兼ねて
下記の結果になるプログラミングをしてみました。

実行結果です。

最後の「SARA WARETA」ですが、
これは皿が”さらわれた”と、
皿が割れたのダジャレです。

これで体感温度下がりましたか?

以下がコードになります。


TEST START
RPUSH


LAD GR1,1

LOOP LD GR2,GR1
ADDA GR2,=’0′
ST GR2,SARA
OUT SARA,LEN
LAD GR1,1,GR1
CPA GR1,=10
JMI LOOP

OUT MOJI,LEN2
RPOP
RET

SARA DS 1
TANNI DC ‘MAI’
LEN DC 4
MOJI DC ‘SARA WARETA!’
LEN2 DC 12

END

これからも、プログラミングをもっとカジュアルに
取り組める記事を書いていきますので、
温かい目で見守って下さいm(=^・^=)m

基本情報技術者試験トップへ
アセンブラ自作サンプルへ
アセンブラ過去問プログラムへ
これからプログラミングを始める方へ