episode7 GASの「キャラの身長で演算(平均・条件に該当する数のカウント)」(Hunter×Hunterで覚えるGoogle Apps Script)

この記事を読むことによって、GAS(Google Apps Script)で計算結果を格納する方法を学べます。今回は平均を求めるAVERAGEと条件に該当する人数を数えるCOUNTIF関数を使います。また、文字入力の復習も出来ます。

Excelが分かれば、すんなり納得されると思います。

このコーナーではGASをアニメ、ハンターハンターを通して入門の入門から学べる記事を掲載しております。

サイトマップはこちらから

GASサンプル集に戻る
メインメニューに戻る
これからプログラミングを始める方へ
基本情報技術者へ
自己紹介

前回(episode6)の復習をします。

ハンター試験ルーキーのキャラクターのセルの背景や文字の色を設定しました。
そのコードと実行結果です。

//アクティブなスプレッドシートを選択するグローバル(共通の処理)
const ss=SpreadsheetApp.getActiveSheet();

//セルの背景色とフォントを変える
function rookieColor(){

  //A列B列の名前と念系統が入っているセル範囲をcelDATAと定義
  const cellDATA=ss.getRange(1,1,4,2);

  //背景色を黒にする
  cellDATA.setBackground('black');

  //文字を白にする
  cellDATA.setFontColor('white');

  //C列のヒソカチェックのセル範囲をcellHISOKAと定義
  const cellHISOKA=ss.getRange(1,3,4);

  //背景を薄紫にする
  cellHISOKA.setBackground('#eeddee');

}

今回は、この一つ右のセルにキャラクターの身長を入力して、平均を求めてみたいと思います。(下の表のD列にゴンからレオリオまでの身長を入れました。)

それで、まずはこの表の下のセルA6に「平均」といいう文字を入れてみます。

//アクティブなスプレッドシートを選択するグローバル(共通の処理)
const ss=SpreadsheetApp.getActiveSheet();

//身長の平均と170cm以上の人数を求める関数
function height(){
  ss.getRange(6,1).setValue('平均');
}

この様に文字が入りました。

また、この1つ下のセルA7に「170cm以上の人数」の文字を入れます。

//アクティブなスプレッドシートを選択するグローバル(共通の処理)
const ss=SpreadsheetApp.getActiveSheet();

//身長の平均と170cm以上の人数を求める関数
function height(){
  ss.getRange(6,1).setValue('平均');
  ss.getRange(7,1).setValue('170cm以上の人数');
}

少しA列を広げました。

今度は、セルB6に平均身長を求めます。

ss.getRange(6,2).setFormula(‘=AVERAGE(D1:D4)’);

この様に、setFormula(‘=関数(セル範囲)’);で求まります。

//アクティブなスプレッドシートを選択するグローバル(共通の処理)
const ss=SpreadsheetApp.getActiveSheet();

//身長の平均と170cm以上の人数を求める関数
function height(){
  ss.getRange(6,1).setValue('平均');
  ss.getRange(7,1).setValue('170cm以上の人数');

  //平均身長を計算
  ss.getRange(6,2).setFormula('=AVERAGE(D1:D4)');
}

最後に、セルB7に身長が170cm以上のキャラクターの人数を求めます。

ss.getRange(7,2).setFormula(‘=COUNTIF(D1:D4,”>=170″)’);

この様に、setFormula(‘COUNTIF関数(=セル範囲,”カウントする条件”)’);で求まります。

//アクティブなスプレッドシートを選択するグローバル(共通の処理)
const ss=SpreadsheetApp.getActiveSheet();

//身長の平均と170cm以上の人数を求める関数
function height(){
  ss.getRange(6,1).setValue('平均');
  ss.getRange(7,1).setValue('170cm以上の人数');

  //平均身長を計算
  ss.getRange(6,2).setFormula('=AVERAGE(D1:D4)');

  //身長が170cm以上のキャラクターの人数を求める
  ss.getRange(7,2).setFormula('=COUNTIF(D1:D4,">=170")');
}

この様に、求まりました。ご精読ありがとうございました。

■参考文献の紹介■
初めてGASを学ぶ方向け。
スプレッドシートの基本的な使い方からGASのベースとなるJavaScriptの基礎文法、GASでの初歩的なプログラミングを学べます。

GASに少し慣れて来たら、基礎固めとリファレンスとしてこの本を通してじっくり学べます。

←episode6               episode8(最終回)→

←GAS自作サンプルへ戻る