episode7 GASの「キャラの身長で演算(平均・条件に該当する数のカウント)」(Hunter×Hunterで覚えるGoogle App Script)

GAS(Google App Script)をアニメ、ハンターハンターを通して入門の入門から学べる記事を掲載することになりました。
ふつつか者ですが、よろしくお願いします。

←GAS自作サンプルへ戻る

前回(episode6)の復習をします。

ハンター試験ルーキーのキャラクターのセルの背景や文字の色を設定しました。

そのコードと結果です。

今までのコードです。

今回は、一番右のセルをキャラクターの身長にして、平均を求めてみたいと思います。

平均を求める処理では、表の少し下のセルA6に「平均」と入力し、その右隣のB6に平均身長が求まるようにします。

sheet.getRange(‘A6’).setValue(‘平均’);
sheet.getRange(‘B6’).setFormula(‘=AVERAGE(D1:D4)’);

条件に当てはまる人数を数える処理では、170cm以上のキャラの人数を数える処理にしました。
平均身長の下のセルA7に「170cm以上」、その右のセルB7に条件に当てはまる人数を求めます。

sheet.getRange(‘A7’).setValue(‘170cm以上’);
sheet.getRange(‘B7’).setFormula(‘=COUNTIF(D1:D4,”>=170″)’);

ここまでのコードです。

今までのコードです。

それでは、マクロを実行します。

スプレッドシートに切り替えて、ツール→マクロ→インポートで指定のマクロをインポートします。

この例ですと、「myCulc」をインポートします。

再びツール→マクロから「myCulc」を選んで実行します。

計算結果が表示されました。

←episode6               episode8(最終回)→

←GAS自作サンプルへ戻る