C言語で簡単な足し算。イヤナヤツ+イヤナヤツ?

C言語自作サンプルメニューへ
これからプログラミングをはじめる方へ
基本情報技術者試験トップへ
息抜きに(=^・^=)写真で癒し

「トリビアの泉」という番組がその昔ありました。
そこで、学生さんからこのようなトリビアが届きました。

イヤナヤツ+イヤナヤツ=ミナゴロシ

どういうことかと申しますと、

18782+18782=37564

となるそうです。
それを早速C言語で作ってみました。

足し算に使う数の変数を2つ、計算結果を入れる変数を1つ用意します。

kazu1に3、kazu2に5で足し算をすると、計算結果のkekkaに8と入るようにします。

ちゃんと計算が出来ることを確認出来たので、今度はkazu1、kazu2にイヤナヤツの18782を入れて計算します。

そうするとこうなりました。


ではプログラムです。

#include
int main(){
int kazu1; //最初の数
int kazu2; //次の数
int kekka; //計算結果
printf(“最初の数を入力=”);//キー入力
scanf(“%d”,&kazu1);
printf(“次のの数を入力=”);//キー入力
scanf(“%d”,&kazu2);
kekka=kazu1+kazu2;
printf(“計算結果は%dです。”,kekka);
}

C言語自作サンプルメニューへ
これからプログラミングをはじめる方へ
基本情報技術者試験トップへ
息抜きに(=^・^=)写真で癒し