Pythonで半端ならK.O….踊♪

おはこんばんちは!
うにゃうにゃエンジニアの猫です(=^x^=)

Adoさんの歌って、プログラミングの教材になるんですよね。
今回は踊からヒントを得たプログラムを作ってみました。

関連記事:C言語うっせぇわループ

サイトマップはこちらから

Python自作サンプルに戻る
C言語自作サンプルに戻る
メインメニューに戻る
基本情報技術者試験

自己紹介

Pythonの進捗状況(私のロードマップ)

歌詞に「半端ならK.O.」とありますね。
ここから半端、つまり、割り算をして割り切れなかったら負け、割り切れたら勝ちという割り算ゲームを格闘ゲームをイメージして作りました。
余りが0で割り切れたなら勝ち、余りが出たら負けです。

まずは、実行してみます。

ここで被除数(割られる数)を入力します。
「9」

次に除数(割る数)を入力します。
「2」


割り切れませんので、余り、半端なのでK.O.されて負けました。

次は8を2で割ってみます。

割り切れてK.O.,勝ちしました。

それではこのプログラムのポイントとなる箇所をトレースしてみます。

最初の入力画面のコードです。
ここで、標準入力を使って、被除数(割られる数)を入力しています。
>>>のすぐ後に入力出来るようにprint文の中で、

end=””

を使っています。

#dividendは被除数(割られる数)
print("被除数(割られる数)を入力して下さい>>>",end="")
dividend=int(input())

次に、除数(割る数)を標準入力を使って入力しています。

#divisorは除数(割る数)
print("除数(割る数)を入力して下さい>>>",end="")
divisor=int(input())

その後、割り算して余りを求め、結果を返す関数を呼び出しています。

#remainder(余り)を計算する関数を呼び出す
judge=dance_div(dividend,divisor)
print("果たして'YOU'の勝敗結果は・・・・!")

割り算を計算して、余りがあるかどうかによって文字列msgに「YOU WIN」または「YOU LOSE」を戻り値として返すようにしています。

#割り算してあまりを返す関数
def dance_div(dividend,divisor):
    remainder=dividend%divisor
    print("被除数(割られる数)="+str(dividend))
    print("割る数="+str(divisor)+"\n")
    print("余り【"+str(remainder)+"】\n")

    #もしも余りが0だったら勝ち!    
    if remainder==0:
        msg="YOU WIN!!!!!!!!!!!!!!!!!!!"
    else:
        msg="YOU LOSE....." 

    return msg       

最後にこのプログラム全体のコードを掲載します。

#割り算してあまりを返す関数
def dance_div(dividend,divisor):
    remainder=dividend%divisor
    print("被除数(割られる数)="+str(dividend))
    print("割る数="+str(divisor)+"\n")
    print("余り【"+str(remainder)+"】\n")

    #もしも余りが0だったら勝ち!    
    if remainder==0:
        msg="YOU WIN!!!!!!!!!!!!!!!!!!!"
    else:
        msg="YOU LOSE....." 

    return msg       

print("\n ♪ 半端ならK .O ..... ♪ \n")        
#dividendは被除数(割られる数)
print("被除数(割られる数)を入力して下さい>>>",end="")
dividend=int(input())

#divisorは除数(割る数)
print("除数(割る数)を入力して下さい>>>",end="")
divisor=int(input())
print()

#remainder(余り)を計算する関数を呼び出す
judge=dance_div(dividend,divisor)
print("果たして'YOU'の勝敗結果は・・・・!")

#結果を出力
print(judge+"\n")

宜しかったら、コードをコピペしてアレンジして見てください。

最後までお読み頂きありがとにゃん(=^x^=)

■参考文献■
じっくり丁寧にPythonを学びたい方向け。
まずはpaizaラーニングなどの学習コンテンツで学んで、基礎をマスターしたら、この本でじっくりと初級から中級レベルを目指せます。

関連記事:C言語うっせぇわループ

サイトマップはこちらから

Python自作サンプルに戻る
C言語自作サンプルに戻る
メインメニューに戻る
基本情報技術者試験

自己紹介

Pythonの進捗状況(私のロードマップ)

投稿者: nekosiestr

プログラミング学習中の発達障害者です。宜しくお願いします。 趣味で写真を撮っています。 プログラミングは、GAS/HTML/CSS/JavaScript/jQuery/PHP、 発達障害は、自閉症スペクトラムASD/ADHD、 写真は、以前はコンパクトデジカメ、現在は、OLYMPUSミラーレス一眼を使っています。

モバイルバージョンを終了