Pythonのリスト並び替えで[Alexandros]の曲の長さ順に表示

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

ドロスこと[Alexandros]の車のCMソング「風になって」が話題ですね。
私もこの曲大好きで、コロナが終息したらカラオケに行って歌いたいです。

当分は自粛、自粛、自粛ですが。

コロナより前の2019年以前は、カラオケでドロスの歌をよく歌っていました。
カラオケって時間が決まってるので、残り時間でどの曲を歌うか決めますよね。

そこで、Pythonのリストの並び替え機能を使って、アレキサンドロスの曲を並び替えてみます。
今まで歌ったことのある曲を使います。
(時間はMusic Centerで取り込んだ時間です。)

4:08ワタリドリ 
3:15Famous Day
4:27Run Away
4:46SNOW SOUND

ベストアルバム『Where’s My History?』も発売されますね。
楽しみです。
iTunesで買おうかな(=^・^=)mm。。。

では、そのまま出力、ループで出力、時間の昇順に出力、時間の降順に出力でプログラミングして見ます。

dros=[“4:08ワタリドリ”,”3:15Famous Day”,”4:27Run Away”,”4:46SNOW SOUND”]


print(“そのまま出力–>>>>>>”)
print(dros)
print(“—————————–“)


print(“ループで出力–>>>>>>”)
for i in dros:
print(i)
print(“—————————–“)


print(“時間の昇順に出力–>>>>>>”)
print(sorted(dros))
print(“—————————–“)


print(“時間の降順に出力–>>>>>>”)
print(sorted(dros,reverse=True))

実行結果です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)