Python二次元リストで、まじ卍

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

おはこんばんにちは!
うにゃうにゃエンジニアの猫です(=^・^=)

昭和生まれが恥ずかしくて言えない言葉のひとつに、
「まじ、卍(まんじ)」があるのではないでしょうか。

私も言えないです。
これだから、おっさん、おばはんは、って反応されそうですし・・・。

という訳で、言えないのだったらPythonの二次元リストで作っちゃえと思って、
ループを使って卍を作りました。

縦13(行番号0~12)、横25(列番号0~24)の二次元リストです。
卍の線が入る所にドルマークを付けました。

なぜドルマークかって言ったら、自分に足りない物の1つだからです。
そういうのはプログラミングで埋めようかなと。

コードはこんな感じです。
Pythonでは改行する所に\(バックスラッシュ)を入れて改行できるとか。
それで、コードが見やすく成ったと思います。

manjimap = [[” ” for i in range(25)] for j in range(13)]

for i,line in enumerate(manjimap):

for j,dot in enumerate(line):
if (i==0 and j<=13) or (i==12 and j>=13) or j==13\
or (j==24 and i<=6) or (j==0 and i>=6) or i==6:
print(“$”,end=””)

else:
print(dot, end=””)

print()

実行結果です。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
愛しています。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)