Pythonでうるう年ループ

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

Pythonの勉強を本格的に始めたのが令和3年2月21日で、この記事を書いているのは同年3月19日です。
もう少しで1ヶ月になろうとしている所です。
paizaラーニング さんというところで、勉強しています。
RPG風の動画講義に豊富な問題集、スキルチェックもあるので、お気に入りの学習サイトです。

この1ヶ月学んできたことをそろそろまとめながらアウトプットをしたいと思いました。

・IF文
・Forループ
・配列
・配列の末尾に追加

これらの復習が出来るサンプルを作りました。

Pythonを使って、開始年から終了年までのうるう年を調べて、和暦と対応付けます。
例えば、私が生れた1977年から、この記事を書いている2021年まで、うるう年が何回あったか、それは和暦と対応すると元号は何かの
一覧を作成しました。

まず、うるう年の定義ですが、
「4で割れて且つ100で割れない、または400で割れる」
になります。

2021年(令和3年)は4で割れないので、うるう年ではありません。
2100年は4で割れますが、100で割れるのでうるう年ではありません。

具体的に、1977年(昭和52年)から2021年(令和3年)までの期間のうるう年を見ていきます。
開始年に1977、終了年に2021を入力した実行結果です。

では、このプログラムはこちらになります。

#開始年と終了年の入力
print(“開始年(西暦)=”,end=””)
syear=int(input())
print(“終了年(西暦)=”,end=””)
eyear=int(input())

#うるう年格納用配列
array=[]

#うるう年に該当する西暦年を配列に格納する
for i in range(syear,eyear+1):
if (i%4==0 and i%100!=0) or i%400==0:
array.append(i)

#配列の長さ、つまりうるう年があった回数を数える
num=len(array)
print()
print(“うるう年の西暦と和暦を表示します(=^・^=)mm。。。——>>”)

#対応する和暦を調べる
for i in range(num):
if array[i]>=1989 and array[i]<=2018: heisei=array[i]-1988 gengo=heisei wareki=”平成” elif array[i]>=2019:
reiwa=array[i]-2018
gengo=reiwa
wareki=”令和”
else:
shouwa=array[i]-1925
gengo=shouwa
wareki=”昭和”


print(str(array[i])+”年(”+wareki+str(gengo)+”年)”)

print()
print(“この期間にうるう年は、【”+str(num)+”回】ありました。”)

うるう年については他の言語でも記事を書きました。
アセンブラ(フローチャート付き)
C言語

最後までお読みいただき、ありがとうございました(=^・^=)mm。。。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)