Kivy公式サイトのチュートリアル3を作ってみた(前半)(ボタン)!

この記事では、下記に紹介する本と、Kivy公式サイトを章ごとに対応づけて、学びをアウトプットしています。

Pythonでマルチタッチアプリを作るために、こちらの本で学んでいます。

Kivyの公式サイトは英語ばかりで泣きそうでしたが、この本を読んで行ったら公式サイトのサンプルアプリも作れるようになりました。

Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行くへ戻る

■関連記事■

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について

上の本の、2章まで学んだ所で作れるアプリです。

Kivy公式テキストチュートリアル3

少し長いので、前半と後半に分けます。
後半はこちら

このプログラムのウィジェットツリーです。

また、私の英語力は英検4級なので(3級落ちた)公式サイトの分からない英単語を調べながら読みました。

combine…合わせる、結合させる

solely…単独で

construct…構築する

described…説明

recommend…おすすめ

emphasizes…強調する

composition…組成

implemented…実装

related…関連する

この記事(前半)では、ボタン2つ表示されるアプリを作ります。
ボックスレイアウトを使います。

その後、ボタン1に「pochittona(ポチッとな)」、ボタン2はランダムに「zuddonn(ズドーン)」「bakkyu-nn(バキューン)」「nngo—-(ンゴーーーー)」と表示され、最後に日本語表記を適用します。

フォルダ「koushiki3zenhan」の中に「main.py」ファイルを置き、コードは「main.py」に書きます。

では、コードです。

from kivy.app import App
from kivy.uix.button import Button
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout


class YourApp(App):
    def build(self):
        layout=BoxLayout(orientation=’vertical’)
        b1=Button(text=’button1′)
        b2=Button(text=’button2′)
        layout.add_widget(b1)
        layout.add_widget(b2)
        return layout


YourApp().run()

ターミナルに切り替えて、
「cd koushiki3zenhan」で「main.py」が入っているフォルダに移動し、
「python main.py」で実行します。

このように実行できました。

では、ここからコードを少し改変します。

ランダムモジュールをインポートします。

import random

リストに、ズドーン、バキューん、ンゴーーを入れます。

array=[‘zudooon’,’bakyu—n’,’nngo—-‘]

その後、インデックスをランダムにします。

index=random.randrange(len(array))

で、リストの長さを使って乱数を発生します。

このように実行できました。

コードです。

from kivy.app import App
from kivy.uix.button import Button
from kivy.uix.boxlayout import BoxLayout

import random

array=[‘zudooon’,’bakyu—n’,’nngo—-‘]
index=random.randrange(len(array))

class YourApp(App):
    def build(self):
        layout=BoxLayout(orientation=’vertical’)
        b1=Button(text=’pochittona’)
        b2=Button(text=array[index])
        layout.add_widget(b1)
        layout.add_widget(b2)
        return layout


YourApp().run()

また、

layout=BoxLayout(orientation=’vertical’)

を、

layout=BoxLayout(orientation=’horizontal’)

とすることで、ボタンのレイアウトを横に変えることもできます。

最後に、同じフォルダ「koushiki3zenhan」の中に日本語フォントを置いてみます。

Googleフォントから好きな日本語フォントを持ってきて、フォントファイルの名前をわかりやすく変えて実行してみます。

やり方はNRさんという方の動画が分かりやすいです。

では、カスタマイズして実行してみます。

このようになりました。


後半はこちら

Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について