GAS「ねこあつめ」でセルを選択して出力する「ねこあつめシリーズ:その2」

この記事では、GAS(Google Apps Script)でセルの値を取得する方法を掲載しています。

とてもシンプルな内容で、対象者は「猫が好きなGAS入門者」です。「ねこあつめアプリ」を題材に記事を書いています。

サイトマップはこちらから

GASサンプル集に戻る
メインメニューに戻る
これからプログラミングを始める方へ
基本情報技術者へ
自己紹介

簡易的ですが、「ねこあつめ」のキャラクター紹介の紹介をスプレッドシートで作りました。


このシートのA3のセル(みっけ)を出力してみます。

function myFunction() {
  const ss=SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  const mikke=ss.getRange('A3').getValue();
  console.log(mikke);
}

1行目で、SpreadsheetAppから階層を辿ってアクティブシートにアクセスしています。
2行目で、mikkeにセル「A3」の内容を入れています。
3行目で、ログ出力しています。

では、実行してみます。

この「’A3’」の所を、(3,1)としても同じ結果が得られます。
(行,列)の書き方になっているのでご注意を!
あと、この場合は「’ ‘」のシングルクォーテーションは使わないです。

function myFunction() {
  const ss=SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  const mikke=ss.getRange(3,1).getValue();
  console.log(mikke);
}

セル(3,1)と書いていて、この書き方をするとこの記事以降の記事で使うループなどで便利です。

では、次に複数のセルを含む範囲で作ってみます。
この表のセルA1からC3まで取得してみます。

function myFunction() {
  const ss=SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  const mikke=ss.getRange('A1:C3').getValue();
  console.log(mikke);
}

実行してみます。

「最初のセルのみ」しか読み込めませんでした。

今度は「セルA1:C3」の指定した範囲全てを読み込める様に致します。
4行目を「getValues」にしてみます。

function myFunction() {
  const ss=SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  const mikke=ss.getRange('A1:C3').getValues(); //←ここをgetValue「s」と複数形に
  console.log(mikke);
}

実行すると・・・。

このように出力されました。

よく見ると、[[‘A1′,’B1′,’C1’],[‘A2′,’B2′,’C2’],[‘A3′,’B3′,’C3’]]と、
二次元配列になっています。

ご精読ありがとうございました。

参考記事:【初心者向けGAS】スプレッドシートのセル・セル範囲とその値を取得する方法

■参考文献の紹介■
初めてGASを学ぶ方向け。
スプレッドシートの基本的な使い方からGASのベースとなるJavaScriptの基礎文法、GASでの初歩的なプログラミングを学べます。

GASに少し慣れて来たら、基礎固めとリファレンスとしてこの本を通してじっくり学べます。

サイトマップはこちらから

GASサンプル集に戻る
メインメニューに戻る
これからプログラミングを始める方へ
基本情報技術者へ
自己紹介

←前に戻るにゃん          次行くにゃん♪→

投稿者: nekosiestr

プログラミング学習中のロスジェネ(就職氷河期世代)「負け組」の発達障害者です。 宜しくお願いします。 趣味で写真を撮っています。 プログラミングは、GAS/HTML/CSS/JavaScript/jQuery/PHP、 発達障害は、自閉症スペクトラムASD/ADHD、その他双極性障害やHSP(5人に1人の繊細さん)などの生きづらさを抱えておりますが、それでも楽しく生きて行きたいです!! 写真は、以前はコンパクトデジカメ、現在は、OLYMPUSミラーレス一眼を使っています。

モバイルバージョンを終了