Excelにはないスプレッドシートの関数、ARRAYFORMULA関数でシートを軽くしてIF関数と組み合わせて「ドラえもん」キャラの点数を分岐する

スプレッドシートにはExcelと共通して使える関数もある中で、Excelにはないスプレッドシートのオリジナル(独自)の関数もございます。

今日はその中でも比較的とっつきやすい、ARRAYFORMULA関数を使って、国民的アニメ、「ドラえもん」のキャラを使って、簡単にIF関数で分岐する方法を掲載致します。

Excelでは数式を使いたい範囲全てに、数式を入れていましたね。
その為数式を入れるとシートが重くなってしまいました。

しかし、ARRAYFORMULA関数では、適用したい範囲の最初の1つのセルにだけ関数を入れると、範囲の全てに適用出来るので、シートを軽く出来ます。
具体的に見て行きましょう!

具体例として、のび太やジャイアンといった、国民的アニメ「ドラえもん」のキャラの点数を分岐します。

分岐する条件として、50点以下のキャラクターには補習を受けてもらいます。

Excelと同じように関数を入れると、まずC2のセルに、

=IF(B2<50,”補習”,””)

と入れます。

はい、のび太くん、補習確定!!

この状態で、[Shift]+[↓(下矢印)]を押しながら出来杉くんの所までドラッグして[Ctrl]+[D]を押します。

のび太とジャイアンが補習を受けることになりました。

ここまではExcelと一緒ですね。

スプレッドシートでは、のび太くんの所だけに式を入れるだけで出来杉くんの所まで式を扱うことのできる、ARRAYFORMULA関数とIF関数を組み合わせると、スプレッドシートを軽く出来ます。

一旦、ジャイアンから出来杉くんまでの判定を消します。

これで、セルC3の数式をこのように修正致します。
IF関数をARRAYFORMULA関数の中にぶち込みます。

一旦数式を消してから、

=arr

と入力すると候補が出るので、Tabキーを押してARRAYFORMULAを選択して、この様に式を入れます。

=ARRAYFORMULA(IF(B2:B6<50,”補習”,””))

候補を使えば、この関数のスペルを覚える必要までは無いんですけれど、それでも、

ポイントは、
・ARRAYはR
・FORはフォーユーとかのFOR
・MULAはL
・範囲はのび太から出来杉くんまでのB2:B6を指定する

所です。

お疲れ様でした。
ここで一旦、写真で休憩を挟みます。

房総半島の外房、御宿の海の写真です。


ARRAYFORMULA関数についてもっと知りたい方へ

Googleの神様でG神と呼ばれている牛乳屋さんcooker8 by 明治クッカーの西原亮社長、にっしー氏のチャンネルがオススメです!

(私は、ただの1視聴者であり、にっしー社長とは面識がございません。)

この動画では、このブログでは紹介していない、ARRAYFORMULA関数をもっと便利に使うことの出来るショートカットキーの使い方を説明して下さっています。

また、ARRAYFORMULA関数の他に、氏名や年月日を分けるのに便利なSPLIT関数や、年・月・日を指定する関数、転置するのに便利なTRANSPOSE関数、ミニグラフを作るのに便利なSPARKLINE関数の使い方も勉強出来ます。




スプレッドシートの学習について、

「本を買う必要はない。」
「本を買って実務に備えよう!」

と、意見が割れていますし、多少脱線しますが、
英語学習でも「英語はYouTubeだけでOK」という意見もあります。

これについて私の意見は、

「本を買う必要があるかどうかは、人それぞれだ!」

です。

私個人の意見として、本を買う必要がない方とは、

・自力でビジネスのチャンスをガンガン掴み取れる方

・自分で調べてドンドン自己成長が出来る自走型の方


・「頭の回転が速い」、「要領が良い」と良く言われている方

です。

要は、私とは真逆なタイプの方は本なんて買う必要がない、というのが私個人の意見です。

ただ、私のように明らかに「真逆だ」と断言出来る方や、ハッキリと上記の条件に
「該当する」と言い切れる方ばかりでは無く、

「う〜〜〜ん、自分はどっちだろう・・・?」

と迷われる方も、当然ながら一定数いらっしゃると思います。
つまり、自ら自己成長出来る優秀な方と、「私みたいな、まるっきりダメなタイプ」との、中間層の方です。

その中間層に該当するとご自身が思われた方は、まず、ビジネス・教育系YouTuberの方の動画を紹介している記事の 初めてのGoogleスプレッドシート をご覧になり、気になる動画をいくつか見た後で、

「あとは自分で調べるから、本を買う必要はない」
または、
「動画も見たけれど、仕事に備えて予め準備をしたいから本が必要」

と、「あなたの感覚で」判断して頂けたらと思います。
(多分、私はあなたと会ったことが無いと思いますので、あなたに教本が必要かどうかは、私には分からないです。ごめんなさい m(_ _)m )

その上で、やっぱり本も必要だと思われた方に、スプレッドシートの実務で使う技を総合的に身に付けるのにオススメの本で、最初に手に取って頂きたい本と、合わせて学ぶとより一層理解が深まるExcelの本を紹介させて頂きます。

見やすい内容の本で、要点がまとまっており、本に掲載されているQRコードから動画を視聴して、講師の方の懇切丁寧な分かりやすい説明に、学習のモチベーションが上がりました。
(QRコードだけでなく、URLも掲載されていますので、QRコード読み取りが苦手という方にとっても、お手に取りやすい本です。)

ビジネス教育系ユーチューバー、Youseful(ユースフル)の神川陽太(ようた)氏と、代表の長内孝平(おさ)氏が、「分かりやすさ」に徹底追求して教えて下さっているので、安心して学習を進められました。

「本×動画」という新しい学び方について、昭和生まれの私が、新しい学び方なんて大丈夫だろうか・・・と最初は恐々と学習を始めましたが、この本を1冊終えた頃には、スプレッドシートが怖くなくなりましたし、苦手だった複合参照(列のみ固定、行のみ固定)も克服出来ました。

ですので、スプレッドシートを勉強したいけれど、何から始めたら良いのか分からない、とお悩みの方は、是非手に取って見て下さい。

特に、昭和生まれでPCの操作に不安のある方にほど、オススメです!

勿論、平成生まれのお若い方にとっても、昭和生まれの私でさえ安心して学習出来た教材であるという事で、ご検討頂けますと幸いです。

講師の長内氏も神川氏も私よりもだいぶ若い方ですので、私にとってはまさに中高年の学び直しという所ですね。

若い方から教わることに抵抗のある方もいらっしゃるかも知れませんが、Yousefulの講師の方は親しみやすいので大丈夫です!

個人的には動画最後の「See you next time! Bye Bye!!」が大好きで勉強のモチベーションが上がる教材です!!

代表の長内氏のExcelの現場の教科書も併せて学習すると、特に関数が苦手な方にとって、理解が深まります。



大変お疲れ様でした。
この記事最後のブレイクタイムPhotoは・・・

江ノ電、鎌倉高校前の海です。

仕事や勉強のリフレッシュに、趣味で写真を撮っておりますので、宜しかったら フォトストック写真ACさん の投稿もご覧頂けますと、大変嬉しい限りでございます!!

こちら、無料の「ダウンロードユーザー」に登録して頂けると、無料で写真のダウンロードが可能になります。

※ 先にGoogleアカウントを作成して頂くと、登録が ラク です♪

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました!!

■ 関連記事 ■

自己紹介

ピボットテーブル
ARRAYFORMULA関数で連番を振る
QUERY関数を「ドラえもん」で使ってみよう!
IMPORTRANGE関数とVLOOKUP関数の合わせ技


初めてのスプレッドシートに戻る

コロナ禍・アフターコロナに向けてテレワーク対策(Googleが提供するツール)に戻る

投稿者: nekosiestr

プログラミング学習中のロスジェネ(就職氷河期世代)「負け組」の発達障害者です。 宜しくお願いします。 趣味で写真を撮っています。 プログラミングは、GAS/HTML/CSS/JavaScript/jQuery/PHP、 発達障害は、自閉症スペクトラムASD/ADHD、その他双極性障害やHSP(5人に1人の繊細さん)などの生きづらさを抱えておりますが、それでも楽しく生きて行きたいです!! 写真は、以前はコンパクトデジカメ、現在は、OLYMPUSミラーレス一眼を使っています。

モバイルバージョンを終了