episode2 GASの「文字入力と消去をボタン操作で行う」(Hunter×Hunterで覚えるGoogle App Script)

GAS(Google App Script)をアニメ、ハンターハンターを通して入門の入門から学べる記事を掲載することになりました。
ふつつか者ですが、よろしくお願いします。

←GAS自作サンプルへ戻る

前回(episode1)の復習をします。

・セルA1に「ハンターハンター」と入力する

・セルA1の内容を実行ログに出力

・セルA1の内容を消去する

以上を関数に分けます。

いきなり「関数」なんて出てくると難しそうですが、

入力と表示」を「ヤマダさんのお家」、
文字の消去」を「サトウさんのお家」、両家(両方)で使う、スプレッドシートから現在のシートを選択する共通の処理を「ゴミ捨て場」というイメージを持って読み進めて下さい。

ゴミ捨て場→「共通:現在のシートを指定する」・・・グローバル関数(共通領域)
ヤマダ家→「入出力:セルA1に「ハンターハンター」と入力して実行ログに表示する」・・・mySet関数
サトウ家→「消去:セルA1に入力された内容を消去する」・・・myClear関数

ヤマダさんは、ヤマダさんの家と共通のゴミ捨て場は使えるけれど、サトウさんの家のものは使えない、
サトウの立場ではその逆が言える、これが関数のイメージです。

このようにスクリプトを作成しました。

スプレッドシートに「入力」と「消去」というボタンを2つ作って、そのボタンを右クリックし、右上角の「てんてん」をクリックして、スクリプトを割り当てます。

ボタンの複製方法はこちらのサイトが分かりやすかったです。
ポイントは、「新たに図形描画画面を開く」です。

「入力」を実行します。

←episode1               episode3→

←GAS自作サンプルへ戻る

GASで「ねこあつめ」を「Chatwork」に送る(=^x^=)mm

この記事では、GAS(Google APP Script)で「ねこあつめ」をChatworkに送信します。
お世話になった記事は、

【初心者向けGAS】Google Apps Scriptで別の関数を呼び出すfunctionの書き方
です。

←GAS自作サンプルへ戻る

↑「サビガー(左)」と「ヘキサにゃん(右)」

プログラムの流れについては、

「ねこあつめのメッセージを取得するプログラム(メイン)」から、「Chatworkに送信する関数」に「送れ、と指示出しする」

という流れになります。

「ねこあつめ」のメッセージを「body」という変数に格納し、Chatworkに送信する関数「sendMessage」に「body」を送り込むイメージです。

メインから「sendMessage(body)」として呼び出して「これを送ってくれ」というメッセージを送り込みます。

関数のイメージはなかなか掴みいにくいので、以下のように置き換えてみました。

例えば私がアマゾンで、DVD(上記のbodyをDVDに置き換えると、トレース(追跡)しやすくなるかもっ!)を買ったとします。

プログラム実行開始・・・私がアマゾンに「DVDをくれ!」とポチる

メイン関数が呼ばれる・・・アマゾンが注文を受ける

チャットワークに送信する関数が呼ばれる・・・アマゾンから宅配業者へとDVDが渡る

チャットワークに「ねこあつめ」が出力される・・・DVDが私の手元に届く

ざっくりですが、これがプログラムをトレースして行った時の流れです。

以上を踏まえてプログラムを下記のように修正しました。

コメントを参考に、頭の中でトレースしてイメージを掴みました。

では、「ねこあつめ」の名前をChatworkに送ってみます。

スプレッドシートの右端の列は何も入っていません。

実行すると、Chatworkにメッセージ「ヘキサにゃん」が送られました。

<4>

スプレッドシートは「ヘキサにゃん」のところに、処理済みの「TRUE」が入っています。

他の猫ちゃんたちもChatworkに送ってみます。

無事に送れました。

これでは、「Chatwork」ではなく、「Catwork」ですね(=^x^=)mm

←GAS自作サンプルへ戻る