Python奇数で推しにキッス!!

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

おはこんばんちは(=^・^=)

うにゃうにゃエンジニアの猫です!!

皆さま、好きな芸能人とか地下アイドルとか、推しの方いらっしゃいますか?

芸能人といってパッと出て来るのがジャニーズなので、ジャニーズの人気を調べました。

参考:ジャニーズイケメン人気ランキング全50人!2021最新版【画像あり】

堂々1位は平野紫耀(ひらの しょう)さんです。

このブログをご覧の方も平野さんのファンの方多いのでしょうか?

平野さんの推しの方は、これからプログラミングのコードに出て来る「推し」を平野さんだと思って読み進めて行って下さい。

具体例(アルゴリズム=処理手順のこと。を理解するのに必須)としてKing & Princeの平野紫耀さんでアルゴリズムを解いていこうと思います。

まず、プログラムの概要を説明します。

1から10までの乱数を用意して、その乱数が奇数だったら推しとキスをする夢を見る

もしも偶数だったら推しが他のファンとキスをするという悲しい夢を見るとします。

奇数か偶数かの判定は、2で割って余りが1だったら奇数、そうでないなら偶数とします。

多くの言語で余りは剰余演算子「%」を使って求められます。

これから書いていくPythonでも「乱数%2==1」だったら奇数になります。

「==」とイコールが2つ続いているのは、1つだと代入を意味してしまうので、==と2つかくことで等しいという条件を指定しています。

ここではファイル名を「oddkiss」にします。

奇数は英語で「odd」です。ちなみに偶数はevenです。

この辺り、基本情報技術者試験を受ける方は覚えておいて損はないと思います。

乱数は、random.randint(始め,終わり)を使います。

コードはコチラになります。

#ランダムモジュールをインポートする
import random

#乱数numの範囲を1から10とする
num=random.randint(1,10)

#奇数、偶数の判定で分岐する
if num%2==1:
  kekka=”は奇数です。推しとキスする夢を見た”
else:
  kekka=”は偶数です。推しが他のファンとキスする夢を見た”

print(str(num)+kekka)

では何度か実行してみた結果です。

ちょっとプログラムを改良して見ます。

「推し」と言う所に自分の推しが表示されるとよりプログラムに感情移入しやすくなるので、一部改変します。

赤枠が改変した所です。

実行結果です。

ここでやっと、自分の推しの女優さんの名前で実行して見る心の準備が出来ました。

私が推しているのは、モデル・グラビア・女優(モグラ女子)として活躍している馬場ふみかさんです。

では、馬場さんの名前を入れて実行して見ます。

偶数の場合、実際に自分が推している方の名前を入れると、結構ズキズキしますね。

平野さんのファンの皆さま、例に出してしまってごめんなさい。

自分事として当てはめてみると推しが他のファンとキスしている所なんて想像したくないですね。

奇数、偶数の判定は今後の学習でも役立ちそうです。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

Pythonでうるう年ループ

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

Pythonの勉強を本格的に始めたのが令和3年2月21日で、この記事を書いているのは同年3月19日です。
もう少しで1ヶ月になろうとしている所です。
paizaラーニング さんというところで、勉強しています。
RPG風の動画講義に豊富な問題集、スキルチェックもあるので、お気に入りの学習サイトです。

この1ヶ月学んできたことをそろそろまとめながらアウトプットをしたいと思いました。

・IF文
・Forループ
・配列
・配列の末尾に追加

これらの復習が出来るサンプルを作りました。

Pythonを使って、開始年から終了年までのうるう年を調べて、和暦と対応付けます。
例えば、私が生れた1977年から、この記事を書いている2021年まで、うるう年が何回あったか、それは和暦と対応すると元号は何かの
一覧を作成しました。

まず、うるう年の定義ですが、
「4で割れて且つ100で割れない、または400で割れる」
になります。

2021年(令和3年)は4で割れないので、うるう年ではありません。
2100年は4で割れますが、100で割れるのでうるう年ではありません。

具体的に、1977年(昭和52年)から2021年(令和3年)までの期間のうるう年を見ていきます。
開始年に1977、終了年に2021を入力した実行結果です。

では、このプログラムはこちらになります。

#開始年と終了年の入力
print(“開始年(西暦)=”,end=””)
syear=int(input())
print(“終了年(西暦)=”,end=””)
eyear=int(input())

#うるう年格納用配列
array=[]

#うるう年に該当する西暦年を配列に格納する
for i in range(syear,eyear+1):
if (i%4==0 and i%100!=0) or i%400==0:
array.append(i)

#配列の長さ、つまりうるう年があった回数を数える
num=len(array)
print()
print(“うるう年の西暦と和暦を表示します(=^・^=)mm。。。——>>”)

#対応する和暦を調べる
for i in range(num):
if array[i]>=1989 and array[i]<=2018: heisei=array[i]-1988 gengo=heisei wareki=”平成” elif array[i]>=2019:
reiwa=array[i]-2018
gengo=reiwa
wareki=”令和”
else:
shouwa=array[i]-1925
gengo=shouwa
wareki=”昭和”


print(str(array[i])+”年(”+wareki+str(gengo)+”年)”)

print()
print(“この期間にうるう年は、【”+str(num)+”回】ありました。”)

うるう年については他の言語でも記事を書きました。
アセンブラ(フローチャート付き)
C言語

最後までお読みいただき、ありがとうございました(=^・^=)mm。。。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

PythonでIF文使って関西人度と関東人度診断をチェック

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

暇つぶしの診断チェックの代表格的な「関西人度、関東人度」診断。
決してヒマではございませんが、PythonのIF文の問題集を解き終わったので、
ゴリゴリIF文を使って何か作りたくなりました。

Pythonの勉強はpaizaラーニングの講座を受講して、習熟度を確認する為に、「レベルアップ問題集」と「プログラミングスキルチェック」をやっています。

使用した診断はコチラです。
あなたが「関東人」か「関西人」かを見極める10の質問 隠しても無駄だぞ!!

こちらの10問のうち、7問を使って、プログラミングに出来そうな所をPythonにアレンジしてみました。

まず、私がやってみたコチラの診断結果です。

んーーー、にゃるほど・・・。
つまり、自分が選ばなかったものを少し選んでみると、関西人になれそうですね。

自分が作ったプログラムでやってみます。

このプログラムは、関東ポイントの変数peastと、関西ポイントの変数pwestを0で初期化して、選択肢ごとに、どちらかのポイントを加算します。

それで、最後に各ポイントを出力して、どちらかが大きいか比較演算子を使って調べて、関東か関西か出力しています。

プログラミングはこちらです。

コードはこちらです。

peast=0
pwest=0


print(“いなりずしと言えば?”)
print(“>>> 1.楕円形、2.三角形”)

q1=int(input())
if q1==1:
peast+=1
elif q1==2:
pwest+=1
else:
print(“1か2を押してください。”)


print(“よく見かける揚げせんべいは?”)
print(“>>> 1.ぼんち揚げ、2.歌舞伎揚げ”)

q2=int(input())
if q2==1:
pwest+=1
elif q2==2:
peast+=1
else:
print(“1か2を押してください。”)


print(“コーヒーなどに付いてくるプラスチックの小さい白い容器は?”)
print(“>>> 1.ミルク、2.フレッシュ”)
q3=int(input())
if q3==1:
peast+=1
elif q3==2:
pwest+=1
else:
print(“1か2を押してください。”)

print(“長さを測るものは?”)
print(“>>> 1.ものさし、2.定規”)
q4=int(input())
if q4==1:
pwest+=1
elif q4==2:
peast+=1
else:
print(“1か2を押してください。”)

print(“「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」は?”)
print(“>>> 1.USJ、2.ユニバ”)
q5=int(input())
if q5==1:
peast+=1
elif q5==2:
pwest+=1
else:
print(“1か2を押してください。”)

print(“桜餅と言えば?”)
print(“>>> 1.まんじゅう型、2.クレープ型”)
q6=int(input())
if q6==1:
peast+=1
elif q6==2:
pwest+=1
else:
print(“1か2を押してください。”)

print(“いっせーの、”)
print(“>>> 1.「せ!」、2.「で!」”)
q7=int(input())
if q7==1:
peast+=1
elif q7==2:
pwest+=1
else:
print(“1か2を押してください。”)

print(“あなたの関東ポイントは【”+str(peast)+”】で、関西ポイントは【”+str(pwest)+”】です。”)
if peast>pwest:

print(“あなたは【関東】の方です。”)
else:
print(“あなたは【関西】の方です。”)

読んで下さってありがとうございます。
あなたのことを愛しています(=^・^=)mm。。。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

Python二次元リストで、まじ卍

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

おはこんばんにちは!
うにゃうにゃエンジニアの猫です(=^・^=)

昭和生まれが恥ずかしくて言えない言葉のひとつに、
「まじ、卍(まんじ)」があるのではないでしょうか。

私も言えないです。
これだから、おっさん、おばはんは、って反応されそうですし・・・。

という訳で、言えないのだったらPythonの二次元リストで作っちゃえと思って、
ループを使って卍を作りました。

縦13(行番号0~12)、横25(列番号0~24)の二次元リストです。
卍の線が入る所にドルマークを付けました。

なぜドルマークかって言ったら、自分に足りない物の1つだからです。
そういうのはプログラミングで埋めようかなと。

コードはこんな感じです。
Pythonでは改行する所に\(バックスラッシュ)を入れて改行できるとか。
それで、コードが見やすく成ったと思います。

manjimap = [[” ” for i in range(25)] for j in range(13)]

for i,line in enumerate(manjimap):

for j,dot in enumerate(line):
if (i==0 and j<=13) or (i==12 and j>=13) or j==13\
or (j==24 and i<=6) or (j==0 and i>=6) or i==6:
print(“$”,end=””)

else:
print(dot, end=””)

print()

実行結果です。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
愛しています。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

Python二次元配列ドット絵でインベーダーを書いてみた。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

おはこんばんにちは!
うにゃうにゃエンジニアの猫です(=^・^=)

年齢バレバレですが、子どもの頃「インベーダーゲーム」というものをやったことがあります。
そのインベーダーのキャラクターを二次元配列を使ってドット絵で描いてみます。

0、1のデータで、0だったら「” “」(空白2つ分)、1だったら「”■”」で表します。
色々な記号でやってみましたが、■がしっくり来ました。

実行結果とコードです。

#インベーダーのドット絵の素
character = [[0,0,1,0,0,0,0,0,1,0,0],
[0,0,0,1,0,0,0,1,0,0,0],
[0,0,1,1,1,1,1,1,1,0,0],
[0,1,1,0,1,1,1,0,1,1,0],
[1,1,1,1,1,1,1,1,1,1,1],
[1,0,1,1,1,1,1,1,1,0,1],
[1,0,1,0,0,0,0,0,1,0,1],
[0,0,0,1,1,0,1,1,0,0,0]
]

#ドット絵で1の時にドットを打つ、0だったら空白
for i in character:
for dot in i:
if dot==1:
print(“■”,end=””)
else:
print(” “,end=””)
print()

最後までお読みいただきありがとうございました(=^・^=)mm。。。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

Pythonのリスト並び替えで[Alexandros]の曲の長さ順に表示

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

ドロスこと[Alexandros]の車のCMソング「風になって」が話題ですね。
私もこの曲大好きで、コロナが終息したらカラオケに行って歌いたいです。

当分は自粛、自粛、自粛ですが。

コロナより前の2019年以前は、カラオケでドロスの歌をよく歌っていました。
カラオケって時間が決まってるので、残り時間でどの曲を歌うか決めますよね。

そこで、Pythonのリストの並び替え機能を使って、アレキサンドロスの曲を並び替えてみます。
今まで歌ったことのある曲を使います。
(時間はMusic Centerで取り込んだ時間です。)

4:08ワタリドリ 
3:15Famous Day
4:27Run Away
4:46SNOW SOUND

ベストアルバム『Where’s My History?』も発売されますね。
楽しみです。
iTunesで買おうかな(=^・^=)mm。。。

では、そのまま出力、ループで出力、時間の昇順に出力、時間の降順に出力でプログラミングして見ます。

dros=[“4:08ワタリドリ”,”3:15Famous Day”,”4:27Run Away”,”4:46SNOW SOUND”]


print(“そのまま出力–>>>>>>”)
print(dros)
print(“—————————–“)


print(“ループで出力–>>>>>>”)
for i in dros:
print(i)
print(“—————————–“)


print(“時間の昇順に出力–>>>>>>”)
print(sorted(dros))
print(“—————————–“)


print(“時間の降順に出力–>>>>>>”)
print(sorted(dros,reverse=True))

実行結果です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

Python辞書をループで3Bの恋人を表示

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

おはこんばんにちは!
うにゃうにゃエンジニアの猫です(=^・^=)

話題のドラマ、「3Bの恋人」の3Bとは、主演の馬場ふみかさんのBでは無く、
バンドマン、美容師、バーテンダーの職業に付くBです。

その3Bに主人公のはると4B目の舞台役者を加えて、5人の職業と名前を辞書を使ってループで取り出して見ます。
まず、print関数でシンプルに辞書を表示させてみます。

コードはこちらです。

person={“トリマー”:”はる”,”バンドマン”:”ユウ”,”美容師”:”慎太郎”,”バーテンダー”:”ヨシ”,”舞台役者”:”マコト”}

print(person)

実行結果です。

では、この辞書で、ループを使ってみます。

コードを追加します。
hitoは、キャラクター、jobは職業です。
forループで(hito,job)とすると、「トリマー,はる」から、「舞台役者,マコト」までの全てのメンバーを取り出せます。

for (job,hito) in person.items():
   print(job,hito)

実行結果です。

日本語を整えて表示します。

print(job+”の、”+hito+”さんです。”)

実行結果です。

では、最終的なプログラムを表示します。

person={“トリマー”:”はる”,”バンドマン”:”ユウ”,”美容師”:”慎太郎”,”バーテンダー”:”ヨシ”,”舞台役者”:”マコト”}

for (job,hito) in person.items():
    print(job+”の、”+hito+”さんです。”)

最後までお読みいただきありがとうございました。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

Pythonで辞書を使ってコードブルーの職業別に出力

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

おはこんばんにちは!
うにゃうにゃエンジニアの猫です(=^・^=)

今日はPythonで辞書を勉強しました。
辞書を使って医療系ドラマ、コードブルーの出演者を職業別に表示します。

personという辞書は、
{“ドクター”:”藍沢耕作”,”フェロー”:”名取楓馬”,”ナース”:”雪村双葉”,”患者”:”緒方さん(板前の患者)”,”その他”:”(=^・^=)mm。。。”}
となっています。

リストのインデックスにあたるのが、キー、この辞書の場合は職業です。
person[ドクター]だったら、藍沢先生です。

新人ナース雪村双葉役の馬場ふみかさんのファンなので、このようなリストを作りました。
person[ナース]だったら、雪村さんです。

標準入力で、dだったらドクターというように指定しています。
では、実行して見ます。

このような入力待ちが出たら、「f」と入力して見ます。

フェローの名取先生が表示されました。

他も実行して見ます。

看護師の雪村さん、患者の緒方さんが表示されました。
では、d,f,n,k以外の文字を入力してみます。

ねこマークが出ました。

プログラミングはコチラになります。

#コードブルーキャスト
person={“ドクター”:”藍沢耕作”,”フェロー”:”名取楓馬”,”ナース”:”雪村双葉”,”患者”:”緒方さん(板前の患者)”,”その他”:”(=^・^=)mm。。。”}

#キャストの職業を入力
print(“d:ドクター、f:フェロー、n:ナース、k:患者 jobを入力=”,end=””)
job=input()

#入力記号を分岐で職業と紐づけ
if job==”d”:
index=”ドクター”
elif job==”f”:
index=”フェロー”
elif job==”n”:
index=”ナース”
elif job==”k”:
index=”患者”
else:
index=”その他”

#指定の職業を表示
print(person[index])

ご精読ありがとうございます。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

Pythonのリストで八王子占い

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

今日は3月1日です。
この時期は入学などで1人暮らしを始める方もいらっしゃいますね。

そこで、学生の街で有名な東京八王子を題材とした「八王子占い」を作ってみました。
Pythonでリスト(配列)の添え字を乱数にして、「あなたは何八王子か」という
診断のゲームです。

八王子には、

・西八王子駅
・北八王子駅
・京王八王子駅
・(ふつうの)八王子駅

があります。

プログラムはコチラになります。

import random

#駅名の配列を用意する
station=[“西”,”北”,”京王”,”(ふつうの)”]

#配列の要素数を調べる
num=len(station)

#乱数を作る
eki=random.randrange(num)

#診断結果の表示
print(“あなたは、【”+station[eki]+”八王子駅】です。”)

実行結果です。

ちなみに私は京王八王子駅から徒歩2分の物件に住んでいました。

ちょっと物足りないな…と言う方は、馴染みのある場所とか、好きなキャラクターとかでアレンジして見ても良いかもしれません。

例えば埼玉の浦和では、

・北浦和駅
・東浦和駅
・西浦和駅
・南浦和駅
・武蔵浦和駅
・東浦和駅
・中浦和駅
・浦和美園駅

と、こんなにあるんですね。

では、良い物件が見つかって、楽しいキャンパスライフをお過ごしになることを願っております。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

PythonのリストとループとIF文でコードブルー3rdシーズンのメンバーを表示して見た

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

コードブルーという医療ドラマ、少し前に流行りましたね。
私はナース雪村双葉役の馬場ふみかさんのファンです(=^・^=)


雪村さんの可愛げないキャラを、カワイイ馬場さんが演じている所にキュンキュンして見ていました。
雪村さんって、可愛げないのにカワイイんです。
日本語変だけれど、彼女の可愛げない所が、たまらなくカワイイんですよ。

とても「リベンジガール」の「仲手川万里子」と同じ方とは思えない演技の幅の広さも馬場ふみかさんの魅力の1つだと思います。

それで、Pythonでリスト(他の言語で言う配列)をpaizaラーニング
習ったので、早速自分の環境で、自分の好きなことでサンプルプログラムを
作ってみました。

コードブルー3rdシーズンのフェロー(研修医)は、名取先生、灰谷先生、横峯先生で、ナースが雪村さんです。
parsonというリストに4人の名前を、この様に入れて見ました。

person=[“名取颯馬”,”灰谷俊平”,”横峯あかり”,”雪村双葉”]

リストの添え字は「0(ゼロ)」から始まります。
このリストの場合、末尾は3です。

コードブルーの新メンバーをご存じの方は、添え字3の雪村さんのみがナースで、後のメンバーはフェローということは
ご存じだと思います。


そこで、添え字が3の時のみ職業を「ナース」にして、それ以外でしたら「フェロー」と表示する様にプログラミングしました。

コードはこちらになります。

person=[“名取颯馬”,”灰谷俊平”,”横峯あかり”,”雪村双葉”]

for i in range(len(person)):

   if i==3:
     job=”ナース”
   else:
     job=”フェロー”


print(“file.”+str(i)+” “+person[i]+”…”+job)

実行結果です。

追記

インデックスと役名を表示するのに、「enumerate」を使う方法を学びました。
ループの所をこのように書き直しました。

for (i,member) in enumerate(person):

改変後はこちらになります。

person=[“名取颯馬”,”灰谷俊平”,”横峯あかり”,”雪村双葉”]
for (i,member) in enumerate(person):
if i==3:
job=”ナース”
else:
job=”フェロー”
print(“file.”+str(i)+” “+member+”…”+job)

ご精読ありがとうございました。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)