Pythonで今日のラッキーカラーを乱数で作ってみた

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

プログラミングの経験が殆ど無く、Pythonが全く初めてなので、学習サイトの中でも丁寧で分かりやすくて実力が付く、paizaラーニングを使って勉強しています。
環境設定がブラウザ上に用意されていて、演習問題も豊富でスキルチェック問題にも挑戦出来て至れり尽くせりです。

地道にコツコツ勉強していくと、自作プログラムが思いついたりすることもあるので、それはどんな単純であっても、少々恥ずかしくても、アウトプットして行きます。

最初に作った自作プログラムは、乱数を使って今日のラッキーカラーを求めるプログラムです。
0から70までの乱数を発生させ、その乱数を7で割った余りで色分けします。

プログラミングはこちらです。

コードはコチラになります。

import random

num=random.randint(0,70) #ラッキーカラーを分ける番号の変数

if num%7==0:
color=”赤” #7で割った余りで、ラッキーカラーを指定している

elif num%7==1:
color=”黄”

elif num%7==2:
color=”青”

elif num%7==3:
color=”ピンク”

elif num%7==4:
color=”グレー”

elif num%7==5:
color=”黒”

else:
color=”紫”

print(“乱数が「”+str(num)+”」で、7で割った余りが「”+str(num%7)+”」だにゃん!!”)

print(“今日のあなたのラッキーカラーは、【”+color+”】です!(=^・^=)”)

では、実行して見ます。

何度か実行して見た所、ランダムに数が変わって色が求められています。

まだまだ、もっと頑張んないとな。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)