Kivy公式サイトのチュートリアル1を作ってみた!(Hello World)

Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について

Pythonでマルチタッチアプリを作るために、こちらの本で学んでいます。

Kivyの公式サイトは英語ばかりで泣きそうでしたが、この本を読んで行ったら公式サイトのサンプルアプリも作れるようになりました。

上の本の、2章まで学んだ所で作れるアプリです。

Kivy公式テキストチュートリアル1

このアプリは「Hello World」と表示するだけの単純なアプリです。

エディタ Visual Studio Codeに書いていってターミナルで実行します。

「koushiki1」というフォルダを作って、その中に「main.py」というファイルにコードを書いていきます。

後で同じフォルダに日本語フォントを入れてカスタマイズします。

私は志村けんさんが好きなので、「だいじょぶだぁ」と表示されるようにします。

では、コードです。

from kivy.app import App
from kivy.uix.label import Label

class YourApp(App):
    def build(self):
        root_widget=Label(text=’Hello world!’)
        return root_widget

YourApp().run()

ターミナルに切り替えて、
「cd koushiki1」で「main.py」が入っているフォルダに移動し、
「python main.py」で実行します。

このように実行できました。

では、同じフォルダ「koushiki1」の中に日本語フォントを置いてみます。

Googleフォントから好きな日本語フォントを持ってきて、フォントファイルの名前をわかりやすく変えて実行してみます。

やり方はNRさんという方の動画が分かりやすいです。

では、カスタマイズして実行してみます。

このようになりました。

Kivyというライブラリを使ってPythonでアプリを作って行く

Python自作サンプル集
Swiftでアプリ開発される方向け
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格について