障害者雇用、その前に(人事採用担当者様)

メインメニューに戻る
取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ
これからプログラミングをはじめる方へ
プログラミングと資格
自己紹介

障害者雇用における会社側と当事者側のミスマッチを減らしたいと思い、当事者の視点で記事を書くことにいたしました。
人事採用担当者様向けです。

◆筆記・実技試験を出来れば行って欲しい

障害者雇用で困ることに一つに、当事者が仕事が出来ないことだと思います。
では、適性のある人を採用する方法として筆記・実技試験で適性をみるとミスマッチを減らすことが可能です。

テストの内容としては、業務で必要となる読み書き計算が出来ること。
また実技試験では実際の業務で使うデータに模した仮のデータの入力をさせてみて、適性を見るなどです。
これはもしも不採用になった場合も、適性が無かったのだとあきらめがつくので、理由が分からないのに落とされたと揉めるリスクも避けられると思います。
逆に、テスト出来たのになぜ落ちたの、と思うこともあるかもしれませんが。

メインメニューに戻る
取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ
これからプログラミングをはじめる方へ
プログラミングと資格
自己紹介

「障害者雇用、その前に(人事採用担当者様)」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。