簡単な足し算を作ってみました

Java自作サンプルに戻る
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

簡単な足し算を行います。
嫌なヤツを2人ほど思い浮かべて下さい。

※ この例題はフィクションです ※
■ いのちは大切に!
■ 犯罪はダメ!
■ 法律を守ろう!

baka=18782…イヤナヤツ
aho=18782…イヤナヤツ
を足し算すると、
37564…ミナゴロシ

になる、プログラムを作ります。

1+2=3
といった結果も普通に出ますが。

Cドライブの下にJavaSampleというフォルダーを
作って、tashizanというファイルで保存します。


import java.util.Scanner;

public class tashizan {
public static void main(String[] args){

Scanner scn=new
Scanner(System.in);

int baka,aho;
baka=0;
aho=0;

System.out.printf(“baka= “);
baka=scn.nextInt();

System.out.printf(“aho= “);
aho=scn.nextInt();

System.out.println(baka+aho);
}
}

1行目の「util」、これ、
私よく、「until」って書いちゃうんですけど、
「n」はいらないです。

実行して見ます。

「baka= 」に、18782、と入れてEnter、
「aho= 」に、18782 と入れてEnter、
を押すと、結果に37564
と出て来ます。

もっと簡単に書く方法もあるかと思いますが・・・。
色々調べながら初めて自分で作ってみました。
いつもは写経ばっかりですが。

では。

Java自作サンプルに戻る
これからプログラミングを始める方へ
プログラミングと資格
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

IF関数

この記事では、関数の王様的な存在のIF関数について学びます。
「YESだったら何々する」、「NOだったらコレコレをする」という条件分岐が理解出来るようになります。

取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ!に戻る

※ この例題はジョークです ※
Excelのテクニックを脳に定着させるため、過激な表現もございます。

攻撃レベルが80以上だったら、
「蚊に刺されろ」
表示されるようにします。

黄色いセルに、

=IF(B2>=80,”蚊に刺されろ”)

と式を入れます。

このまま、
攻撃レベルを空欄にした場合、

この様に「FALSE」と表示されますが、
刑の列も何も表示されないように
したい場合は、

=IF(B2=””,””,IF(B2>=80,”蚊に刺されろ”))

このような式に変えます。
これで、空欄の時には、何も表示させない
という意味になります。

80未満に「尻文字書け」という条件を
加えたい時には、
条件偽を追加して、式を、

=IF(B2=””,””,IF(B2>=80,”蚊に刺されろ”,”尻文字を書け”))

のように変えます。

更に、
攻撃レベルが60以上の場合に、
「便所に財布を落とせ」と
条件を加えたい時には、

=IF(B2=””,””,IF(B2>=80,”蚊に刺されろ”,IF(B2>=60,”便所に財布を落とせ”,”尻文字を書け”)))


と書き加えます。

いかがでしたか。
かなり過激でしたが、これで実務でかなりの使用頻度のIF関数を自在に操れるようになったと思います。