国民的アニメ?のキャラクターをVLOOKUP、IFERROR、COUNTA、OFFSETで表の範囲を可変に操作

メインメニューへ
取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれへ
プログラミングと資格
これからプログラミングをはじめる方へ
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)
自己紹介

Excelで関数を使うとファイルが重くなりますよね。
また、エラーが表示されると見映えも悪くなります。
そこで、実務でよく使う関数である、
・VLOOKUP
・IFERROR
・OFFSET
・COUNTA
の合わせ技を使ってみたいと思います。

OFFSET関数については、先に下記の記事を読んでおくと、
チョット分かりやすくなるかもしれません。
OFFSETとMATCH関数でドラゴンボールを探せ!!

では、国民的アニメを題材とした関数の説明に入ります。

このシートには、サザエさんに出て来る、
ワカメちゃんの名前があります。
作品名である「サザエさん」を黄色いセルに表示させます。

黄色いセルに
=VLOOKUP(E2,A2:B5,2,FALSE)
と式を入れます。

式の意味は、
=VLOOKUP(検索値,表の範囲,2列目,一致)
です。
もっと詳しく書くと、
=VLOOKUP(ワカメなどのキャラ名,表の範囲,2列目の作品名,完全に一致)

では、別のキャラクターを入れて見ます。
ワカメちゃんの所を丸尾くんにしたいので、
一旦ワカメちゃんを消します。

エラーが出ちゃった。
そんな時は、

=IFERROR(VLOOKUP(E2,A2:B5,2,FALSE),””)

と、式を修正します。
式の意味は、
=IFERROR(OKな値,エラーの値)
です。

では、キャラクターの所に、
「丸尾くん」と入れます。

ちゃんと作品名である「ちびまる子ちゃん」と
表示されました。

これで、めでたしめでたし
なのですが、この表に追加をする場合もありますよね。
灰色の所が追加分です。

こういう時は、
=VLOOKUP(E2,A2:B5,2,FALSE)の表の範囲を1つ1ついじったり、
または、面倒だから100行ぐらい!!
=VLOOKUP(E2,A2:B100,2,FALSE)
なんてする方法もありますが、
そうなると、関数でExcelファイルが重くなるんです。

なので、加わった行数だけ自動で範囲を動かせるようにします。
まず、その為には、何行使うのかを数えるCOUNTA関数を使います。

オレンジのセルに
=COUNTA(A:A)
と式を入れました。
これで、A列の件数が数えられます。
表のタイトルの分があるので、
1を引いておきます。

=COUNTA(A:A)-1

これにより、表の範囲を7行分に拡張すれば良いです。

OFFSET関数と組み合わせます。
=IFERROR(VLOOKUP(E2,A2:B5,2,FALSE),””)
の、表の範囲である、A2:B5を修正します。

=IFERROR(VLOOKUP(E2,OFFSET(A2,0,0,COUNTA(A:A)-1,2),2,FALSE),””)
となります。

OFFSET関数の中身、
OFFSET(A2,0,0,COUNTA(A:A)-1,2)は、
OFFSET(基準のセル,下に移動分,横に移動分,高さ,幅)
です。
基準のセルから下に0、横に0移動します。
つまり、移動先はA2自身です。
高さがA2から7つ分の「COUNTA(A:A)-1」で、幅は2つ分が、
表の範囲になり、これを自動で可変できるようにしました。

ちょっとこの説明分かりづらいと思われた方は、
OFFSETとMATCH関数でドラゴンボールを探せ!!
をご覧下さい。

では、追加した部分が表示されることを確認します。

キルアの作品名がハンターハンターと表示されました。
では、更に表を追加して見ます。

これで、表の範囲の可変が出来ました。
お疲れ様でした。
ブレイクタイムPhotoは、

房総半島の外房、御宿の海です。

メインメニューへ
取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれへ
プログラミングと資格
これからプログラミングをはじめる方へ
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)
自己紹介

投稿者: nekosiestr

プログラミング学習中の発達障害者です。宜しくお願いします。 趣味で写真を撮っています。 プログラミングは、GAS/HTML/CSS/JavaScript/jQuery/PHP、 発達障害は、自閉症スペクトラムASD/ADHD、 写真は、以前はコンパクトデジカメ、現在は、OLYMPUSミラーレス一眼を使っています。

モバイルバージョンを終了