自己紹介と発達障害の著作本

初めまして、写真×プログラミングを使って、皆さまの(特に何かお困りの方の)お手伝いをすることを目指している、猫★シエスタと申します。
写真についてはこちら

働きながらプログラミングの勉強をしています。
ロスジェネ、発達障害、トランスジェンダーです。

メインメニューに戻る

目がパッチリで小顔で、努力できる才能はあるのですが、今まであまり上手く行かなかったです。なので、これからは、「自分の気持ちを大事に」して生きていきたいです。

猫目、猫顔は遺伝。猫みたい、猫先生などと知らない人から言われたことが何度かあります。

実は本を出しました!!

「発達障害、障害者雇用事務職、以上現場からの中継でした!」
著者:猫★シエスタ

内容紹介YouTubeと、その詳細です。

私には、発達障害(ASD自閉症スペクトラム及びADHD)と双極性障害があり、現在障害者雇用2社目で働いております。前職である障害者雇用の1社目での失敗を振り返り、読者様に同じ失敗をして欲しくない、また、私自身が現在の職場で同じ失敗をしない為に、仕事・通勤・人間関係・発達障害の依存症をプログラミングで解消した方法・発達障害を巡るSNSの使い方等、「あの時、こうしておけば良かったのに!!」と言った後悔も書きました。障害者雇用1社目をクビ同然で退職し、そこから立ち直って4ヶ月で障害者雇用2社目の内定に直結した履歴書等応募書類の揃え方、添え状や自己PR書(Excelの技術を可視化したサンプル)の公開もしております。その際、精神・発達障害者が障害者雇用での高倍率を突破して内定に直結した時に用いた応募書類の資料を画像と解説文を用いてかなり詳細に公開しています。履歴書・職務経歴書などの応募書類を印刷する時に使う紙、印刷物を入れる高透明のクリアホルダーの選び方、添え状とパソコンのスキルが分かる自己PR書(サンプル)の制作物を個人情報を伏せて掲載しています。発達障害で特別な才能を持たない私が障害者雇用事務職で働き続ける為に行っている健康法や対人関係の捉え方、障害者雇用の事務職で知って置きたいパソコンのスキル(Excelなどのショートカットキーで20年以上パソコンを操作してきた知識の集大成)、発達障害の方に良くありがちな依存症(私の場合は電話占い依存)をプログラミングで解消した話も掲載しております。事務職の方も10分程度あればプログラミングを始められる方法も書いています。事務職といえば今後AIに奪われてしまうのではないかと危惧したことを、実際にAIで使われているプログラミング言語のPythonの環境構築をして検証しました。私はロスジェネ(就職氷河期世代)であり、今後の8050問題への不安や対処法についても思いつく限りのことを書いております。ストレスが溜まりやすい発達障害者の方へ、趣味でやっている写真を見て心を癒して頂けたらと思い、イルミネーション・花見・自然風景・ハロウィンなどのお気に入りの写真を掲載しました。発達障害には色々なタイプの方がいるからこそ、多くの方に本を出版して欲しいと思い、Kindle版でのセルフ出版の手順も解説しております。

読者アンケートも宜しくお願いします


「就職氷河期世代 アンド 大人の発達障害」
著者: 猫★シエスタ

発達障害当事者として、2012年に私が書きました「就職氷河期世代 & 大人の発達障害」を紹介させて頂きます。ロスジェネ(就職氷河期世代)とASD(自閉症スペクトラム)の両方の生きづらさを抱えながら正社員としての一般就労、そこから障害者雇用に就労形態を変えて行った時の職業訓練、企業実習の様子、初めての障害者雇用の様子について書き綴っております。私の年代ですと発達障害の診断が遅くなり、私は31歳で初めて診断され、それまでの学生時代や一般就労での苦しみ、障害が分かった後からも支援者からの虐待、企業実習で辛い思いをしたことなどを赤裸々に綴っています。ご興味ある方はご覧下さい!!この本の内容を下記の動画で紹介しておりますので、この動画をご覧頂いてから、ご検討を宜しくお願いします。

読者アンケートも宜しくお願いします。

ロスジェネとは2000年頃に大学などを卒業した就職氷河期世代、ロストジェネレーションのことで、発達障害の特性でも生きづらさで悩みを抱えています。

私の場合はASD優位のADHD含みで、LGBTはトランスジェンダーのFTMに該当します。自分は男性だと思っているのですが、戸籍と体は女性で、恋愛対象は女性です。

こう書くと、「女性だったら誰でも良いのか」「私のことを好きになられても困る」という声もあると思いますが、馬場ふみかさん(女優、モデル、グラビア)以外は全く眼中ありませんので、どうかご安心なさって下さい。
ちなみにこのレベル。お陰で彼女いない歴=年齢です。

それでは、自己紹介の詳細に入ります。

名前:猫★シエスタ
本名ではありません。
シエスタとは、スペインやイタリアなどの南ヨーロッパのお昼寝のことです。
「猫さん」と、気軽に読んでもらえたら嬉しいです。
本名は、苗字も名前もかなり珍しい為、個人が特定されやすく、本名から推測されないと思われるネームを使っています。私と同じ苗字の方、絶対悪いことをしないで下さい!!!!

所在:だいたい東京都にいます。

仕事:教育関係で都内で働いています。
発達障害に配慮してもらっていて、週3日、1日7時間勤務です。

学歴は、
小中学校を地元の公立校で過ごし、
高校は私立理系コース
大学は工学部化学系学科を卒業しました(2000年平成12年卒)

保有資格と勉強法や教材の紹介です。

趣味は
プログラミング
Excel
ねこあつめ
写真(カメラはOLYMPUS機)

子供の頃のヒーローは、志村けんさん(コメディアン、故人)です。
小学生の頃、ギャグに一目惚れして、このブログでも志村けんさんを題材としたプログラミングの自作サンプルを掲載しています。

関連記事:
【Pythonクラス爆速理解!!】「月曜日はウンジャラゲ♪」で、「昭和のギャグ」からクラスが学べちゃうんですョ!!

関連記事:Python×Kivyで「変なおじさん」

ここから、私の仕事について書こうと思います。
障害者雇用の事務補助です。

障害を持つスタッフは同じ部署に属して、それぞれの特性に応じて色々な部署からの仕事を頂いています。

ジョブコーチから、ブログに書くときは個人情報に気をつける様に指摘を受けたので、ふんわりとした内容になってしまいました。

障害者雇用で、精神、発達障害者は身体障害者より配慮が難しいので、就活は激戦でした。
1つの採用枠に100人の求職者が集まることなんてざらですし(合同面接では)今の職場での採用を勝ち取るためには資格を取れる限りは取っていきましたし、今後もプログラミングの勉強を継続します。

このブログは、あまり一般受けする学習サイトではありませんが、障害者雇用の現実を知った上で、私のメッセージが届く方には届いて欲しいです。

このブログとは別に、アメブロもやっています。
こちらでは雑記ブログとして日常的な雑談を扱っています。

メインメニューに戻る
取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ
これからプログラミングをはじめる方へ
プログラミングと資格
基本情報技術者試験
心がラクになる本

「自己紹介と発達障害の著作本」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。