PowerPointでアニメーションと画面切り替えを作る

この記事では、アニメーションを効率的に作るショートカットキーと、画面の切り替えで動きに彩を咥える方法を掲載しています。

動きのあるパワーポイントの基本的なことは抑えております。

急にプレゼンすることになったから手っ取り早くパワポ教えてくれ!に戻る
メインメニューに戻る
MOS、ITパスポート、簿記2級、基本情報技術者試験の参考書紹介へ

まずは、こちらの動画をご覧ください。
PowerPointで作成した者です。

あるアニメーションを別の図形などにも利用する場合

図形を選択して任意のアニメーションを選択します。
その後、[Alt]+[Shift]+[C]でアニメーションをコピーして、[Alt]+[Shift]+[V]で別の図形に同じアニメーションを適用できます。

Macですと、[option]+[Shift]+[Command]+[C]と、一つ押すキーが多くなります。

スマートアートのアニメーション

また、スマートアートのアニメーションの設定は、そのスマートアートを洗濯して、「効果のオプション」から、下記メニューで個別に選択できます。

画面切り替え

こちらで画面切り替えに動きをつけることができます。

もしも、上のYouTube動画で私の写真に興味を持たれた方がいらしたら、
息抜きに、写真で癒し(=^x^=)をご覧ください。

ご精読ありがとうございました。

急にプレゼンすることになったから手っ取り早くパワポ教えてくれ!に戻る
メインメニューに戻る
MOS、ITパスポート、簿記2級、基本情報技術者試験の参考書紹介へ