GAS(Google APP Script)「ねこあつめ」で文字出力と簡単な計算を作ってみた。

昨日(2021年6月15日(火))からGASを勉強し始めました。
この記事では、「ねこあつめ」を使って、GASで簡単な文字出力と計算をしてみます。

GAS自作サンプルへ戻る

まずは、「ねこあつめ」と表示してみます。

新規ファイルを作成して、「ねこあつめ」という名前で保存します。

ここからコードを書いていきます。

このようにコードを書きました。

[Ctrl]+[R] (Macでは[Command]+[R])で実行します。

実行結果です。

では、変数を使って、ここから計算をしてみます。

茶トラ猫の「ヘキサにゃん」の「せんとうりょく」は150です。

しまミケ猫の「しまみん」の「せんとうりょく」は40です。

この茶トラくんとシマ三毛ちゃんの戦闘力を足すと150+40=190になります。

実行結果です。

これをもう少し、日本語の体裁を整えて書きます。

文字列を囲むときは、シングルクォーテーションではなく、「`」(@のキーをシフトで押す)で囲い、数字を文字列の中に埋め込むには、${数字}と入力します。

実行結果です。

最後に、メッセージボックスの表示をします。

下記の処理で、「このアプリは確認されていません」と表示されてしまった場合は、こちらから解決可能です。

新たに「ねこあつめメッセージボックス」というファイルを作成して行います。

このように書いて、実行します。
スプレッドシートに切り替えると、下記のようなボックスが表示されます。

ここまで、昨日会社から帰ってきてから学んだ内容の復習です。
では、本日の学習に入ります。