<ねこフォーム1>GASで「ねこあつめ親睦会」のフォームを作ってみる

この記事では、GAS(Google Apps Script)を使って、最も簡単な方法でフォームを作って行きます。お世話になった記事は、いつも隣にITのお仕事さんの、

GASでGoogleフォームを作成する最も簡単なスクリプト

です。

そもそもGoogleでフォームが作れるってこと、今日今さっき知ったのですが、大丈夫でしょうか・・・。
不安もありつつ上の記事を見ながら作ってみます。

スプレッドシートのメニューバー「拡張機能」から「Apps Script」を選んで、「ねこあつめのフォームだにゃ(=^x^=)mm」というフォームを作っていきます。

とてもシンプルなコードです。

function myFunction() {
  FormApp.create('ねこあつめのフォームだにゃ(=^x^=)mm');
}

[Command]+[S]で保存して、[Command]+[R]で実行してみます。
(Windowsの方は[control]で。)

実行後、Googleドライブに切り替えてみます。

これをクリックして、

お〜〜〜!!
出来てた!!

では次に、フォームに説明文を加えます。

コードです。

function myFunction() {
  const form=FormApp.create('ねこあつめのフォームだにゃ(=^x^=)mm');
  form.setDescription('説明すると、ねこあつめ大好きなお友達の集まりだにゃ');
}

実行結果です。

うん。良い感じ♪♪♪♪

では、スプレッドシートに入力した内容を元に、フォームを作成していきます。
このように作成し、シート名は「イベント概要」にします。

セルA1を[0][0]とすると、タイトル「ねこあつめ親睦会」は[0][1]、「集まれ!!・・・」以降の説明文は[1][1]になります。

コードです。

function myFunction() {

  //SpreadsheetAppから現在のスプレッドシートにアクセス
  const ss=SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();

  //シート名「イベント概要」のデータを配列として取得する
  const values=ss.getSheetByName('イベント概要').getDataRange().getValues();
  const formTitle=values[0][1];//タイトル
  const formDescription=values[1][1];//概要
  
  //フォームを作成
  const form=FormApp.create(formTitle);

  //フォームの説明を作成
  form.setDescription(formDescription);
}

実行結果です。

ほのぼのって感じ(=^x^=)

ご精読ありがとうございました。

■参考文献の紹介■
初めてGASを学ぶ方向け。
スプレッドシートの基本的な使い方からGASのベースとなるJavaScriptの基礎文法、GASでの初歩的なプログラミングを学べます。

GASに少し慣れて来たら、基礎固めとリファレンスとしてこの本を通してじっくり学べます。

サイトマップはこちらから

GASサンプル集に戻る
メインメニューに戻る
これからプログラミングを始める方へ
基本情報技術者へ
自己紹介

次行くにゃん(=^x^=)→

投稿者: nekosiestr

プログラミング学習中の発達障害者です。宜しくお願いします。 趣味で写真を撮っています。 プログラミングは、GAS/HTML/CSS/JavaScript/jQuery/PHP、 発達障害は、自閉症スペクトラムASD/ADHD、 写真は、以前はコンパクトデジカメ、現在は、OLYMPUSミラーレス一眼を使っています。