COUNTIF関数でブラック企業をぶっつぶせ!!

この記事では集計に便利なCOUNTIF関数を掲載しています。
「東京都の人」は「何人」など、条件に当てはまる件数を数えるのに便利な関数です。
事務職のExcel操作で定番的な存在の関数です。

「取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ!」に戻る

※ この例題はジョークです ※
Excelのテクニックを脳に定着させるため、過激な表現もございます。



今日は、ブラック企業について考えて見ます。

ブラック企業の条件って、何でしょうか。
私が今まで勤めてきた会社では、

・新入社員に即戦力を求め過ぎる
・プライベートを拘束する
・挨拶を無視する
・仕事を与えない
・悪い噂を流す

こういったことを、一般就労でも、
今まで勤めた以前の障害者雇用でも味わってきました。

ここに、A社からG社まであります。
ブラック度が50以上の会社は何社あるか
数えるのに、
COUNTIF関数を使います。

黄色いセルに

=COUNTIF(B2:B8,”>=50″)

と入力すると、ブラック度の範囲から、
50以上に該当するのが2社と求められます。

退職代行とか使ったことが無いのですが、
そういうのも頭の片隅には置いておこうかな。

くれぐれも無理しないで下さい。
辛かったら逃げても良いと思います。

でも、本当に辛いと、逃げるという判断も
出来なくなるから、ブラック企業って
タチが悪いです。

この世からブラック企業が無くなって、
心を病んでしまうことが無くなるよう、
こういった例題を作ってみました。

では、今日は、ここまで(=^・^=)

<<関連記事>>

「取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ!」に戻る
メインメニューに戻る

これからプログラミングをはじめる方へ

プログラミングと資格
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)
心がラクになる本

モバイルバージョンを終了