配列でデスリストと爆弾投下

メインメニューに戻る
VBA自作サンプルプログラム集に戻る
基本情報技術者試験トップへ
取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ

今日は、憎たらしいヤツらを、
デスノートならぬ、デスリストという
配列に格納して、イミディエイトウィンドウを
デスノートに見立てて書き出していきます。

※ この例題はフィクションです ※
■ いのちは大切に!
■ 犯罪はダメ!
■ 法律を守ろう!

このような名前を用意します。
配列名は「汚名前」を使います。
憎たらしいヤツいっぱいいて、
一人ひとりに変数を定義するの、
面倒だから、「汚名前」という配列を
用意しました。

汚名前[0]=五木不利太郎
汚名前[1]=瀬久原次郎
汚名前[2]=丑三津土器三郎
汚名前[3]=氏煮画見四郎

配列は0から始まります。
この部屋番号みたいなものを、
添え字といいます。

配列に五木不利太郎~氏煮画見四郎までの
名前を格納して、それをイミディエイトウィンドウに
出力します。


Sub 配列1()
Dim 汚名前(3) As String, i As Integer
For i = 0 To 3
汚名前(i) = Worksheets(“デスリスト”).Cells(3 + i, 2).Value
Debug.Print 汚名前(i)
Next i

End Sub

出力結果です。

では次に、デスリストの配列に
格納されているヤツラに
いろいろな色の爆弾をぶつけて見ましょう。
Variant(バリアント型)という何でも入る型を使います。
段ボール箱に四次元ポケットの機能を付けたようなものです。

ここでも、配列は0から始まります。

インプットボックスに0から4までの数字を入力して、
爆弾を投下させます。

出力結果です。


Sub 配列2()
Dim 色爆弾 As Variant, 番号 As Integer
色爆弾 = Array(“赤”, “青”, “きいろ”, “緑”, “紫”)
番号 = InputBox(“赤:0、青:1、きいろ:2、緑:3、紫:4”, “どの色の爆弾 を投げますか?”)
MsgBox (色爆弾(番号) & “の爆弾を投下した!どっか~~ん☆★”)

End Sub

最後に、先ほどのデスリストを発展させます。
新たに、リストに「部李津古花子」も追加したい時、
自動的に追加になるようにします。

行の上端、下端、行数、このExcelの全ての行数を用意します。
スクロールして、スクロールして、ず~~~と下に、
全ての行数があります。
60000万ぐらいでしょうか。

そのず~~~と下から、上に向かって最初にぶつかるのが、
部李津古花子の行です。これは7行目で、「下端」です。
上端は、B1から最初にぶつかるのが、「汚名前」という見出しです。
+1すると、「五木不利太郎」の行になります。これが3行目です。

行数は、全部で5行で、配列は0から
始まるので、
7行目から3行目を引いた数が行数になります。


Sub 配列3()
Dim 汚名前() As String, i As Long, 上端 As Long, _
下端 As Long, 行数 As Long, このExcelの全ての行数 As Long
Worksheets(“デスリスト”).Activate
このExcelの全ての行数 = ActiveSheet.Rows.Count
下端 = Cells(このExcelの全ての行数, 2).End(xlUp).Row
上端 = Cells(1, 2).End(xlDown).Row
行数 = 下端 – 上端 – 1
ReDim 汚名前(行数)
For i = LBound(汚名前) To UBound(汚名前)
汚名前(i) = Worksheets(“デスリスト”).Cells(上端 + i + 1, 2).Value
Debug.Print 汚名前(i)
Next i

End Sub

実行すると、こうなります。

LBoundは一番小さい番号、UBoundは一番大きい番号です。

今日はここまで。
お疲れ様でした(=^・^=)

メインメニューに戻る
VBA自作サンプルプログラム集に戻る
基本情報技術者試験トップへ
取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ

セル操作2

この記事では、事務職のExcel操作で非常に使用頻度の高い編集機能のショートカットキー操作が学べます。

取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれに戻る

※ この例題はジョークです ※
Excelのテクニックを脳に定着させるため、過激な表現もございます。

<<ここで学ぶこと>>

・シートを挿入する
・複数セル一括入力
・セルを編集する
・セル内で改行する
・真上のセルをコピーする
・左のセルをコピーする

※ この例題はジョークです ※
Excelのテクニックを脳に定着させるため、過激な表現もございます。

新しいシートを挿入します。
[Shift] + [F11]
で、挿入できます。

挿入したタブをダブルクリックすると、
自由に名前を付けられます。

次にセルを編集します。


このように選択します。

選択しているその状態で、
「deathnote(デスノート)」と入れて、
カーソルが点滅している所で、
[Ctrl] + [Enter]を押します。

すると、このように、
一辺に「deathnote」と入力できました。

では、このセル内を編集して見ます。
「deathnote」を「deathnatto」に変えます。

任意の「deathnote」のセルに移動し、[F2]を押します。
編集モードになるので、
このまま「note」を「natto」に変えます。
[Enter]で確定します。

次にセル内で改行させます。

[F2]を押して、カーソルを矢印で
deathとnattoの間に移動させて、
[Alt] + [Enter]
を押します。
もういちど[Enter]を押すと確定します。

今度は、黄色いセルの真下に移動して、
[Ctrl] + [D]を押します。

すると、


文字が入りました。

ピンクのセルの右に移動します。
そこで、
[Ctrl] + [R]と押します。

すると、
こちらにも文字が入りました。

では、今日はこの辺で(=^・^=)

<<関連記事>>

「取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ!」に戻る
メインメニューに戻る
これからプログラミングをはじめる方へ

プログラミングと資格
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)
心がラクになる本

セル操作

この記事では、事務作業で使うExcelの中でも簡単な操作で、「デキる人」だと印象付けることの出来る、ショートカットキーのテクニックを掲載しております。

<< ここで学ぶこと>>

・検索
・ダイアログボックス閉じ
・セル挿入
・セル削除
・置換

取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ!」に戻る

※ この例題はジョークです ※
Excelのテクニックを脳に定着させるため、過激な表現もございます。

まず、このようなシートを用意します。


未処理の「未」を検索します。

[Ctrl] + [F]

を押します。

この様な画面が出て来ます。
次を検索で3件見つかります。

この検索と置換のボックスを閉じる時に
便利なのが

[Esc]

です。

次に、6行目と7行目の間に
行を挿入します。

7行目の先頭をクリックして、
行全体を選択します。
一番左の「7」と書いてあるところです。

選択したら

[Ctrl] + [Shift] + [+れ]

を押します。

すると、1行挿入できました。

今挿入した行を、分かりやすいように、
黒で塗りました。


この行を削除します。
また、「7」の所を選択して、

[Ctrl] + [=ほ]

を押します。

削除出来ました。

次に置換をします。

[Ctrl] + [H]

を押します。

FだのHだのわけわかんなくなったら、
チカンはエッチだから「H」と
覚えると、多分忘れないと思います。

「未」を「こわ」に置換します。

すべて置換を押すと、
このようなボックスが出て、置換できました。

OKで閉じられます。

このように置換されました。

お疲れ様でした。
今日はここまで。

<<関連記事>>

メインメニューに戻る
取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれに戻る

これからプログラミングをはじめる方へ

プログラミングと資格
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)
心がラクになる本

取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ!

このコーナーでは、主に事務職で良く使う「入力をスピーディーに行えるショートカットキー」と「基本的な関数」について掲載しております。
ここまで頑張れば障害や持病などがあっても、時給1000円を狙える可能性は十分にございます。

メインメニューに戻る

<< ジョークで覚えるショートカットキーや集計 >>

例文で覚えるセルの書式
セル操作
セル操作2
入力候補を表示させない(オートコンプリート機能をOFF)
スライサーとテーブルで東京の観光地巡り

<< 実務で使う、ジョークで学べる関数 >>

IF関数
COUNTIF関数でブラック企業をぶっつぶせ!!
東京都の新型コロナ感染者数を集計(平均、四捨五入、最大値、最小値、件数カウント、グラフ)
OFFSETとMATCH関数でドラゴンボールを探せ!!

国民的アニメ?のキャラクターで表の範囲を可変に操作
VLOOKUP関数とIF関数でソーシャルディスタンス!

精神、発達障害は障害者雇用での就活が激戦になるので、非常にたくさん勉強しないと内定を得にくいです。
そのため、同じように悩んでいる方が安定した職業生活を送れるよう、情報を発信いたしました。

この動画は、私がPowerPointで作りました。
これぐらいの技術はあるのですが、いかんせん、疲れやすくて、
フルタイムは難しいです。

事務職でパソコンをやるのに、読んでおいて助かったと思う本を紹介します。

<<関連記事>>

メインメニューに戻る
これからプログラミングをはじめる方へ

プログラミングと資格
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)
心がラクになる本

Do While Until前判断後判断

メインメニューに戻る
VBA自作サンプルプログラム集に戻る
基本情報技術者試験トップへ
取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ

※ この例題はフィクションです ※
■ いのちは大切に!
■ 犯罪はダメ!
■ 法律を守ろう!

4つのループを見ていきます。

こんな感じの画面を用意します。

● 1つ目:セルの内容が「チャラ男」である間は
ナイフでぶっ刺して「×」を付けてやっつける。
条件判断は【前】

● 2つ目:セルの内容が「チャラ男」である
間はナイフでぶっ刺して「×」を付けてやっつける。
条件判断は【後 (ナイフの扱いに慣れていない人) 】

● 3つ目:セルの内容が「宝石箱」が現れるまで、
ナイフを振り回して「×」を付けてやっつける。
条件判断は【前】

● 4つ目:セルの内容が「宝石箱」が現れるまで、
ナイフを振り回して「×」を付けてやっつける。
条件判断は 【後 (ナイフの扱いに慣れていない人) 】

まずは1つ目最初。

● 1つ目:セルの内容が「チャラ男」である
間はナイフでぶっ刺して「×」を付けてやっつける。
条件判断は【前】

最初に、セル(3,4)つまり、
D列3行の値が「チャラ男」かどうか
判断します。

チャラ男ですので、「×」でやっつけます。
Offsetで一つ右に移動します。
そこでもセルの値がチャラ男かどうか
判断します。

その繰り返しで、
最後のチャラ男までやっつけます。


Sub ループWhile前判断()
  Cells(3, 4).Select
  Do While ActiveCell.Value = “チャラ男”
  ActiveCell.Value = “×”
  ActiveCell.Offset(0, 1).Select
 Loop

End Sub

こんな感じでやっつけられました。

● 2つ目:セルの内容が「チャラ男」である間は
ナイフでぶっ刺して「×」を付けてやっつける。
条件判断は「後」

「後」判断は【ナイフの扱いに慣れていない人】を
イメージして下さい。
「チャラ男」かどうか判断しないで、
ナイフでぶっ刺してしまいます。
その後に「あ~~、チャラ男じゃなくて、
ブリッコだった」と気づいて後悔します。

つまり、最初にセル(6,4)、
D列6行を×にしてしまいます。
×にした後で条件判断をします。
”ブリッコ”ですので、条件に当てはまりませんが、
すでに×でやっつけられています。

Offsetで一つ右に移動します。
今度はその失敗でナイフの扱いに
慣れてきたので、
そこでもセルの値がチャラ男かどうか
判断出来ます。

その繰り返しで、
最後のチャラ男までやっつけます。

こんな感じでやっつけられました。


Sub ループWhile後判断()
  Cells(6, 4).Select
  Do
   ActiveCell.Value = “×”
   ActiveCell.Offset(0, 1).Select
  Loop While ActiveCell.Value = “チャラ男”

End Sub

ここからUntilに入ります。
ルールとして、
「宝石箱」は攻撃しません。
チャラ男、ブリッコ、オツボネおば、騙す人、悪い人達を
攻撃します。

● 3つ目:セルの内容が「宝石箱」が現れるまで、
「×」を付けてやっつける。
条件判断は前

最初に、セル(10,4)つまり、
D列10行の値が「宝石箱」かどうか
判断します。

まだ、「宝石箱」が現れていないので、
ナイフを振り回して「×」でやっつけます。
Offsetで一つ右に移動します。

移動してもまだ、「宝石箱」になっていないので、
やっつけます

その繰り返しで、
最後に「宝石箱」になった所で攻撃をやめます。

こんな感じでやっつけられました。


Sub ループUntil前判断()
Cells(10, 4).Select
Do Until ActiveCell.Value = “宝石箱”
ActiveCell.Value = “×”
ActiveCell.Offset(0, 1).Select
Loop

End Sub

最後です。

● 4つ目:セルの内容が「宝石箱」が現れるまで、
「×」を付けてやっつける。
条件判断は後

条件判断が「後」なので、またまた
【ナイフの扱いに慣れていない人】になります。

セル(13,4)つまり、
D列13行の値が「宝石箱」かどうか
判断します。

宝石箱はやっつけないというルールですが、
扱いに慣れていない為、最初の宝石箱を
やっつけてしまいます。

そこで、あ~~失敗したと後悔します。
同じ失敗をしないように、気を付けた所で、
次に進んで、


まだ、次の「宝石箱」になっていないので、
「×」でやっつけます。
Offsetで一つ右に移動します。
移動してもまだ、「宝石箱」になっていないので、
やっつけます

その繰り返しで、
最後に「宝石箱」になった所で攻撃をやめます。


Sub ループUntil後判断()
  Cells(13, 4).Select
  Do
  ActiveCell.Value = “×”
   ActiveCell.Offset(0, 1).Select
   Loop Until ActiveCell.Value = “宝石箱”
End Sub

お疲れ様でした。
今日はここまでです。

メインメニューに戻る
VBA自作サンプルプログラム集に戻る
基本情報技術者試験トップへ
取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ

ストレス解消系

メインメニューに戻る

● iPhoneアプリ

・Antistress
これは、個人的に神アプリです!!
無料の範囲でも64のストレスグッズを使えます。
その中でも特におススメのゲームを写真を交えて紹介します。

一番はこれ!
グラスを割ると、片付けるのが大変ですよね。
でも、このアプリなら、何回でも割れます。

それから石を投げで、バウンドみたいにするゲームです。
他にも、

ファスナーを閉めたり

音フェチさんにもおススメ

和な音フェチさんにはコレ!

無限プチプチ

歯車もあります。

このアプリの最後に、花火をあげられます!

これらすべてが、 Antistress というアプリの入っています!
もう一度書きますが、これらは無料です!!
(有料のゲームもありますが、無料の範囲でも十分楽しめます。)

・Fluid
これも神アプリです!
指でなぞると、美しいマーブル模様が描かれます。

・Super Slime
スマホの中で遊べるスライムです。
自分でスライムを作れます。

・プチ記憶力
プチプチの色と場所を覚えて、
指でタップしながらプチプチを潰す、
ストレス解消と脳トレの両方が出来るアプリです。

・リア充崩し
昭和リア充と平成リア充の
ブロックを壊していきます。

・キラキラ
お絵かきアプリです。
2019年(令和元年)、台風19号で、
近くの小学校に避難していた時、
聴覚過敏でしんどかったので、
お絵かきして気持ちを紛らわしていました。

ストレス解消グッズなどのおススメ商品の紹介

このコーナーでは、コロナ禍や日頃のストレス発散・解消にお役立て頂けるグッズを紹介しています。デルタ株に加えてオミクロンなんて出てきたので、巣篭もりで楽しめるグッズを幾つか紹介させて頂きます。

メインメニューに戻る
ストレス解消アプリ
息抜きに、写真で癒し(=^x^=)
心がラクになる本

シリコンの滑らかな手触りで、外出自粛のストレス解消グッズとしておススメです。
眠れない時とか、この手触りを味わっていると私は良く眠れます。
発達障害の方はストレスの発散が特性によっては難しいので、こういったグッズを使うと楽になるかも知れないです。また、わしゃわしゃしても音も殆どないので、防災グッズとして、災害時の避難所などでも使えそうです。
私は2019年の台風19号で近隣の小学校に避難したのですが、これを持っていけば良かったと思っています。

スイッチをカシャカシャ押したい人にオススメ!!!
「ポチッとな!!」が思いっきり出来ます。
ただしそれなりに音がするので、災害時の避難所などの防災グッズには向かないです。
ご家族など同居の方に配慮した上でスッキリ出来るグッズです。

他にはこんなタイプのスイッチもありました。

次は、アロマの紹介です。

スッキリしたアロマが好きな方にオススメ。
北見ハッカ通商さんの和ハッカです。
ハッカに興味のある方は、和ハッカ入り入浴剤なども掲載している、
ハッカ愛からハッカー!?もご覧下さい

※このアロマオイルにはプラスチック製の「中栓」がついています。取り付け簡単ですが、取り付けを忘れると、アロマおオイルがドボンと一気に出るのでご注意を※

柑橘系の匂いが好きな方にオススメ!!
爽やかなレモンの香りにとても気持ちが癒されます。

ここからは、手先を使って出来るストレス解消グッズの紹介をします。

これはピタゴラスと言って、主に小学生向けの知育玩具です。
立体図形の勉強になるので、中学受験などを考えているお子様の息抜きにも使えそうです。
ピタゴラスの男の子用と小学校3・4年生用です。女の子用や他の学年のピタゴラスもあるようです。(性別で分けるってのもなんだかな。好きな方で良いのかも)

粘土感覚でぷにゅぷにゅ感を味わいながら作れるスライムです。

以上、気軽に使えるストレス解消グッズを紹介しました。

メインメニューに戻る
ストレス解消アプリ
息抜きに、写真で癒し(=^x^=)
心がラクになる本

メインメニューに戻る

SQLをはじめる準備をしよう

SQL自作サンプル集へ
基本情報技術者試験トップへ
これからプログラミングを始める方へ
資格トップへ

今日(2019令和元年11月4日)初めて、
My SQLをダウンロードしました。

SQLの勉強に使うエディターは、
https://www.mysql.com/jp/
から、ダウンロード出来ます。

これを見て分かる方はサクサク出来るかも
知れませんが、私には良くわからなかったので、

「いちばんやさしい SQL入門教室」著:矢沢久雄先生
出版社:ソーテック社

の22ページからの図解を見ながら、
インストール出来ました。

英語ばかりで難しかったですが、
どうにかインストール出来ました。
本のSQLエディターのバージョンと、
若干違っていましたが、
この本を見ながらでしたら、
私でもインストール出来ました。

インストールが終わると、
この画面でパスワードを入れて使います。

本に書いてあるパスワードを入れます。

すると、このような画面が表示されます。

この本に沿って、データベースにテーブルを2つ
作成する所まで行きました。
エラー祭りでした。

● 文字列のシングルクォーテーション(‘)を、
ダブルクォーテーションにしてしまった。

● テーブル(table)のつづりを間違えた!
(これは、中学1年生レベルですね。)

こういったエラーがありました。
皆さまは、こんなことしないように、
気を付けて下さい。

この本のChapter1まで終わりました。
私でもどうにかここまで終えたので、
この本、かなりおススメだと思います。

この本を1巡したら、SQLのサンプルデータを
作ってアウトプットしたいです。

SQL自作サンプル集へ
基本情報技術者試験トップへ
これからプログラミングを始める方へ
資格トップへ

はじめてのForNextループで、「う●こ」と「寿命」

メインメニューに戻る
VBA自作サンプルプログラム集に戻る
基本情報技術者試験トップへ
取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ

※ この例題はフィクションです ※
■ いのちは大切に!
■ 犯罪はダメ!
■ 法律を守ろう!

今日は、ループを使って、
イジメやパワハラをする人を、
懲らしめてやりましょう!

まず、アイツにう●こを踏ませます。
う●こは、1~10とだんだん増えていきます。
この、増えて行ったりするのに「i」という
変数を使います。
慣習的に、ループカウンタにはiとかjを使います。
1から10まで、う●こがグルグル回りながら
増えていくイメージです。

Excelシートに新しいシートを追加して、
「はじめてのループ」という名前を付けます。
このシートも、Sheet1とかも、オブジェクトと言って、
Excelの部品です。
では、早速書いていきます。


Sub ループ1()

Dim i As Integer, アイツ As String
Worksheets(“はじめてのループ”).Range(“A1”).Select
アイツ = InputBox(“う●こ踏ませるヤツの名前を入力”)

For i = 1 To 10
ActiveCell.Value = アイツ & “は、” & i & “このう●こ踏んだ”
ActiveCell.Offset(1, 0).Select
Next i
End Sub

このプログラムをボタンに登録します。
位置は、F列ぐらいにします。
ボタンは、Excelシートの、
開発タブ → 挿入 → フォームコントロール
から作成します。

アイツに例えば、
「五木不利太郎」と入れて見ます。

すると、1から10までのう●こをカウントして、
セルを1つ下に移動させます。
実行すると、こんな感じです。

1つずつ、う●こが増えていきましたが、
今度は、2つずつ増やして、アイツに奇数分の
う●こを踏ませます。
for i=1 to 10のあとに、
Step 2と記述します。


Sub ループ2()

Dim i As Integer, アイツ As String
Worksheets(“はじめてのループ”).Range(“A12”).Select
アイツ = InputBox(“う●こ踏ませるヤツの名前を入力”)

For i = 1 To 10 Step 2
ActiveCell.Value = アイツ & “は、” & i & “このう●こ踏んだ”
ActiveCell.Offset(1, 0).Select
Next i
End Sub

ループ1の横にボタンを作成・登録して、実行します。
こんな感じに2つずつ増えていますね。

では、今度はアイツの寿命を1ずつ減らしましょう。
考え方としては、Stepの後に、
「-1」ずつ減らすイメージです。


Sub ループ3()
Dim i As Integer, アイツ As String

Worksheets(“はじめてのループ”).Range(“A18”).Select
アイツ = InputBox(“寿命カウントするヤツの名前を入力”)

For i = 10 To 0 Step -1
ActiveCell.Value = アイツ & “の寿命は、あと” & i & “年”
ActiveCell.Offset(1, 0).Select
Next i


ActiveCell.Value = アイツ & “はもう、●んでいる”
ActiveCell.Offset(1, 0).Select
End Sub

これも、ボタンを作って実行します。


スッキリしましたか?
最後にアイツを葬ってやるために、
シートをキレイに消しましょう。


Sub ワークシートはじめてのループをキレイにする()
Worksheets(“はじめてのループ”).Cells.Clear
Range(“A1”).Select
End Sub

最後に、ホームポジションである、
セルA1に戻ります。

お疲れ様でした。
今日はここまでです。

メインメニューに戻る
VBA自作サンプルプログラム集に戻る
基本情報技術者試験トップへ
取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ

IFで攻撃レベル分岐

メインメニューに戻る
VBA自作サンプルプログラム集に戻る
基本情報技術者試験トップへ
取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ

※ この例題はフィクションです ※
■ いのちは大切に!
■ 犯罪はダメ!
■ 法律を守ろう!

レベル80以上であれば、アイツを倒せる!!
という、プログラムを作ります。


Sub If文1()
Dim アイツ As String, 攻撃レベル As Integer
アイツ = InputBox(“アイツの名前を入力しよう”)
攻撃レベル = InputBox(“1~100までのレベルを入れよう”)
If 攻撃レベル >= 80 Then
MsgBox アイツ & “はもう、●んでいる”
End If
End Sub

と入力して、

1から100までのレベルを入力します。
85と入力します。

このように表示されました。

しかし、80未満の場合、
何も出ないですよね。
そこで、
まだ倒せていないよ、というメッセージを表示させます。
「少しだけくたばった」にします。


Sub If文2()
Dim アイツ As String, 攻撃レベル As Integer
アイツ = InputBox(“アイツの名前を入力しよう”)
攻撃レベル = InputBox(“1~100までのレベルを入れよう”)
 If 攻撃レベル >= 80 Then
  MsgBox アイツ & “はもう、●んでいる”
  Else
MsgBox アイツ & “は少しだけくたばった”
End If
End Sub

実行してみます。

70を入れて見ます。

アイツは、少しだけくたばりました。

さらに、80未満だが、60以上だと、
「もう少しでくたばるぞ!!」という
メッセージを表示させます。


Sub If文3()
Dim アイツ As String, 攻撃レベル As Integer
アイツ = InputBox(“アイツの名前を入力しよう”)
攻撃レベル = InputBox(“1~100までのレベルを入れよう”)
If 攻撃レベル >= 80 Then
MsgBox アイツ & “はもう、●んでいる”
ElseIf 攻撃レベル >= 60 Then
MsgBox “あと少しで” & アイツ & “はくたばるぞ!!”
Else
MsgBox アイツ & “は少しだけくたばった”
End If
End Sub

60以上、80未満である、70を入れて見ます。

と、表示されました。

では、最後に、イジメやパワハラをするアイツだったら、
攻撃して、そうでなければ普通に挨拶を
するプログラムを作りましょう。


Sub If文4()
Dim アイツ As String, 歩いてくる人 As String, 攻撃レベル As Integer
アイツ = InputBox(“アイツの名前を入力しよう”)
歩いてくる人 = InputBox(“歩いてくる人の名前を入力しよう”)
If 歩いてくる人 = アイツ Then
MsgBox アイツ & “!!ドンドンバキュ~~ン☆☆”
Else
MsgBox 歩いてくる人 & “さん、こんにちは”
End If
End Sub

お疲れ様です。
今日は、ここまでです。

メインメニューに戻る
VBA自作サンプルプログラム集に戻る
基本情報技術者試験トップへ
取りあえず事務職で働きたいから手っ取り早くExcel教えてくれ

モバイルバージョンを終了