Pythonで辞書を使ってコードブルーの職業別に出力

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

おはこんばんにちは!
うにゃうにゃエンジニアの猫です(=^・^=)

今日はPythonで辞書を勉強しました。
辞書を使って医療系ドラマ、コードブルーの出演者を職業別に表示します。

personという辞書は、
{“ドクター”:”藍沢耕作”,”フェロー”:”名取楓馬”,”ナース”:”雪村双葉”,”患者”:”緒方さん(板前の患者)”,”その他”:”(=^・^=)mm。。。”}
となっています。

リストのインデックスにあたるのが、キー、この辞書の場合は職業です。
person[ドクター]だったら、藍沢先生です。

新人ナース雪村双葉役の馬場ふみかさんのファンなので、このようなリストを作りました。
person[ナース]だったら、雪村さんです。

標準入力で、dだったらドクターというように指定しています。
では、実行して見ます。

このような入力待ちが出たら、「f」と入力して見ます。

フェローの名取先生が表示されました。

他も実行して見ます。

看護師の雪村さん、患者の緒方さんが表示されました。
では、d,f,n,k以外の文字を入力してみます。

ねこマークが出ました。

プログラミングはコチラになります。

#コードブルーキャスト
person={“ドクター”:”藍沢耕作”,”フェロー”:”名取楓馬”,”ナース”:”雪村双葉”,”患者”:”緒方さん(板前の患者)”,”その他”:”(=^・^=)mm。。。”}

#キャストの職業を入力
print(“d:ドクター、f:フェロー、n:ナース、k:患者 jobを入力=”,end=””)
job=input()

#入力記号を分岐で職業と紐づけ
if job==”d”:
index=”ドクター”
elif job==”f”:
index=”フェロー”
elif job==”n”:
index=”ナース”
elif job==”k”:
index=”患者”
else:
index=”その他”

#指定の職業を表示
print(person[index])

ご精読ありがとうございます。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)