PythonのリストとループとIF文でコードブルー3rdシーズンのメンバーを表示して見た

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)

コードブルーという医療ドラマ、少し前に流行りましたね。
私はナース雪村双葉役の馬場ふみかさんのファンです(=^・^=)


雪村さんの可愛げないキャラを、カワイイ馬場さんが演じている所にキュンキュンして見ていました。
雪村さんって、可愛げないのにカワイイんです。
日本語変だけれど、彼女の可愛げない所が、たまらなくカワイイんですよ。

とても「リベンジガール」の「仲手川万里子」と同じ方とは思えない演技の幅の広さも馬場ふみかさんの魅力の1つだと思います。

それで、Pythonでリスト(他の言語で言う配列)をpaizaラーニング
習ったので、早速自分の環境で、自分の好きなことでサンプルプログラムを
作ってみました。

コードブルー3rdシーズンのフェロー(研修医)は、名取先生、灰谷先生、横峯先生で、ナースが雪村さんです。
parsonというリストに4人の名前を、この様に入れて見ました。

person=[“名取颯馬”,”灰谷俊平”,”横峯あかり”,”雪村双葉”]

リストの添え字は「0(ゼロ)」から始まります。
このリストの場合、末尾は3です。

コードブルーの新メンバーをご存じの方は、添え字3の雪村さんのみがナースで、後のメンバーはフェローということは
ご存じだと思います。


そこで、添え字が3の時のみ職業を「ナース」にして、それ以外でしたら「フェロー」と表示する様にプログラミングしました。

コードはこちらになります。

person=[“名取颯馬”,”灰谷俊平”,”横峯あかり”,”雪村双葉”]

for i in range(len(person)):

   if i==3:
     job=”ナース”
   else:
     job=”フェロー”


print(“file.”+str(i)+” “+person[i]+”…”+job)

実行結果です。

追記

インデックスと役名を表示するのに、「enumerate」を使う方法を学びました。
ループの所をこのように書き直しました。

for (i,member) in enumerate(person):

改変後はこちらになります。

person=[“名取颯馬”,”灰谷俊平”,”横峯あかり”,”雪村双葉”]
for (i,member) in enumerate(person):
if i==3:
job=”ナース”
else:
job=”フェロー”
print(“file.”+str(i)+” “+member+”…”+job)

ご精読ありがとうございました。

Python自作サンプル集へ
これからプログラミングを始める方へ
メインメニューに戻る
息抜きに、写真で癒し(=^・^=)